最新記事

ミスコン

女性の美を競う世界大会5大会すべてで黒人女性が優勝する時代に

2019年12月25日(水)16時45分
安部かすみ

「ミス・ワールド」2019で優勝したジャマイカ代表のトニアン・シンさん Henry Nicholls-REUTERS

<ミス・ワールド、ミスユニバース、ミスアメリカ、ミスUSA、ミスティーンUSAと5大会すべてにおいて、黒人女性が世界一の美の頂点に立った......>

ビューティー・パジェント(美のコンテスト、ミスコン)世界4大大会の一つ「ミス・ワールド」が12月14日にロンドンで開催され、2019年の世界の美の頂点として、ミス・ジャマイカのトニアン・シンさんが選ばれた。

そこでは、最後まで共に競い合ったライバルのミス・ナイジェリアのリアクションが話題になった。ミス・ワールドの発表と共に、飛び上がって小躍りした女性は実は優勝者ではなく、ファイナリスト5人のうちの1人だったミス・ナイジェリアのニカシ・ダグラスさん。優勝を逃したものの、シンさんの勝利を自分のことのように喜んだ。

The Sweet Way Miss Nigeria Celebrated Miss Jamaica's Win


その後のインタビューで、ダグラスさんは歓喜の理由について「シンさんが素晴らしい女性で、期間中自分をサポートしてくれていたから」と語った。ダグラスさんの反応についてツイッターでは、「思いやりと友情にあふれた人」と賞賛の声が上がった。

年代によって変わる美のトレンド

日本代表が、世界4大大会の1つで世界の頂点に立ったのは、森理世さんがミス・ユニバースで優勝した2007年と10年以上前のことになる。その前年には同じミス・ユニバースで、知花くららさんも準ミスに輝いている。しかし「美」の基準やトレンドは、年代とともに変わってくるようだ。

そして2019年は異例とも思えることが起こった。それは先述のミス・ワールド(本部はイギリス)に加えて、米国が主導するミスユニバース、そして米国内のミスアメリカ、ミスUSA、ミスティーンUSAと5大会すべてにおいて、黒人女性が世界一の美の頂点に立ったのだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ESG関連ファンド、30年度までに2─3兆円に=り

ワールド

次のパンデミック、致死性コロナ以上の恐れ=オックス

ビジネス

22年の中国経済、妥当な範囲内に維持=共産党中央政

ワールド

日本の警察に人種プロファイリングの疑い、米大使館が

RANKING

  • 1

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    医療格差をITの力で解消へ 途上国支援に邁進する日…

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 2

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 3

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 4

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 5

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 1

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 2

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    「親ガチャ」は子どもからの警告 原因は育児力格差

  • 5

    脳裏にこびりつく生々しい証言 少女を食い物にした…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売