最新記事

音楽

音楽界のカメレオン、セイント・ヴィンセントが70年代に回帰

St. Vincent’s Latest Persona

2021年06月01日(火)18時07分
デービッド・チウ

伝説の女優をモデルにファッション面でも70年代をよみがえらせた PHOTO BY ZACKERY MICHAEL

<1作ずつキャラクターを変えるセイント・ヴィンセントが、新譜で幼少期に父と聴いたレコードを振り返った>

シンガーソングライターのセイント・ヴィンセントことアニー・クラーク(38)は、アルバムを出すたびデヴィッド・ボウイのようにキャラクターを変えてきた。

2011年の『ストレンジ・マーシー』では「薬物依存症の主婦」、17年の『マスセダクション』では「精神科病院にいるSMの女王様」。新作『ダディーズ・ホーム』では物騒だが自由で開放的だった1970年代のニューヨークに回帰し、アンディ・ウォーホルの世界を体現する。

オクラホマ州出身のクラークは昔から70年代のニューヨークに憧れていた。「ダウンタウンのカルチャーシーンが最高に盛り上がっていた時代よ」と、彼女は説明する。

「生活は苦しくても音楽は素晴らしかった。60年代の瓦礫をかき分け、廃虚の中で力強く歌っている感じ。何となく今の時代にも通じる。私たちは古い権威を見直し、解体する過渡期にあるから」『ダディーズ・ホーム』は幼い頃父が聴かせてくれたレコードへのオマージュ。Pファンクやポインター・シスターズ、スティービー・ワンダー、スティーリー・ダン、ピンク・フロイド、『ヤング・アメリカンズ』期のボウイを想起させるサウンドだ。

「彼らの音楽がずっと耳に残っていて、その洗練に近づきたかった。先達の作品をきちんと学んで理解する力量がなかった頃でも、私は本能的に引き付けられていた」

トレードマークのシュールなサウンドスケープ、エッジの効いた歌詞、超絶ギタープレイに見事なボーカルは健在。だが全体のムードは未来的な前作『マスセダクション』からがらりと変わって、温かく内省的だ。

「前作のメッセージが『ハイになって、足から血が出るまで踊りなさい』だったとしたら、今回は『そのくたびれた肘掛け椅子でくつろいで、テキーラでも飲んでって』かな」と、クラークは言う。

「親しみやすい雰囲気になったのは、笑いと共感を込めて人を描いたから。登場人物の大半が私の分身だからこそ、不完全な人間が必死で生きる姿を表現できたのだと思う」

第1弾シングルのファンキーな「ペイ・ユア・ウェイ・イン・ペイン」を、クラークは現代版ブルースと呼ぶ。「社会はしばしば生存と尊厳のどちらか1つを選べと迫る。お金がない、恋人に捨てられた、世間で爪はじきにされたというのは、どれもブルースのテーマ。この曲ではそんな孤立感を歌った」

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米ADP民間雇用、7月は33万人増 5カ月ぶり小幅

ビジネス

米インフラ投資法案、経済の不平等を是正=イエレン財

ビジネス

米、四半期入札規模1260億ドルと横ばい 今後縮小

ビジネス

GM、第2四半期は黒字転換 通年見通し上方修正

RANKING

  • 1

    習慣化した撮影現場でのセクハラの実態...ラブシーン…

  • 2

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    職場や家庭でのメンタルケアに。注目の心理カウンセ…

  • 5

    薬物依存の息子の死を覚悟した母親が語る、依存症克…

  • 1

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    セクシーなシーンが満載なのに、欲求不満になるドラマ

  • 4

    習慣化した撮影現場でのセクハラの実態...ラブシーン…

  • 5

    薬物依存の息子の死を覚悟した母親が語る、依存症克…

  • 1

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    IQ146の米「最年少」メンサ会員、2歳の天才児を持つ…

  • 4

    ブリトニー・スピアーズの後見制度はやりすぎでは? …

  • 5

    さらばビクトリアズ・シークレットのエンジェルたち…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売