最新記事

ファッション

バイデン夫人は載ったのに...メラニアがヴォーグの表紙になれなかった理由

Who Gets to Be on the Cover of Vogue

2021年07月16日(金)17時26分
エマ・ノーラン

メラニアは大統領夫人としては登板ならず ANUSHREE FADNAVIS-REUTERS

<米バイデン大統領のジル夫人は最新号にシックに登場。しかし、ファーストレディーなら無条件で出られるわけではない>

米ファッション誌ヴォーグの8月号の表紙を飾るのは、ジョー・バイデン米大統領の妻、ジルだ。これまでもヴォーグの表紙には、ファーストレディー時代のヒラリー・クリントンやミシェル・オバマ、ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相といった人々が登場している。

だがドナルド・トランプ前大統領のメラニア夫人が表紙を飾ることはなかった。その理由について、ヴォーグのアナ・ウィンター編集長がはっきり述べたことはない。だがウィンターは2019年のCNNとのインタビューで、ヴォーグが政界関係者を記事で取り上げる際の基準についてこう語っている。

「これらの(表紙を飾った政界の)女性たちは明らかに、グローバルな視点から見て象徴的で、女性たちを奮い立たせると感じられる存在だ」

一方、18年にはヴォーグから表紙の話が来ないことに不満をぶちまけるメラニアの声がこっそりと録音されていた。会話の相手は元友人で側近だったステファニー・ウィンストン・ウォルコフだ。

表紙でなければ対応しなかった

「ヴォーグはこんなふうに言ったのよ。『うちは人物紹介記事をやりたいんです』。人物紹介記事? ふざけるな。私に人物紹介なんて不要よ。『表紙になる可能性もなきにしもあらず』って何よ」

ウィンストン・ウォルコフは暴露本『メラニアと私』の中でこうも述べている。「ヴォーグは写真家アニー・リーボビッツによるホワイトハウスでの撮影と、ライターのロブ・ハスケルによる数日間の密着取材のアポを取りたいと連絡してきた。いい話に思えたが、メラニアが表紙を飾る確約は得られなかった」

ウィンストン・ウォルコフはこうも述べている。「ヴォーグであれ他の雑誌であれ、メラニアは表紙を飾るのでなければ取材対応しなかった」

実はメラニアはヴォーグの05年2月号で1度、表紙を飾っている。「ドナルド・トランプの新しい花嫁」というタイトルの下、トランプとの結婚式のために仕立てたクリスチャン・ディオールのウエディングドレス姿で登場したのだ。記事では夫妻のことや「指輪、ドレス、結婚式、プライベートジェット、パーティー」といった話題が取り上げられた。

ニュース速報

ワールド

日米豪印、「強制に屈せず」と共同声明 中国念頭に連

ワールド

カナダ人2人が中国を出国、ファーウェイCFOの拘束

ワールド

日米豪印の首脳会合、毎年開催で合意 「さらに発展」

ビジネス

アングル:独自動車大手、水素燃料とEVに「二股」の

RANKING

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    カップル・セラピストが見た、関係修復に失敗する夫…

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 4

    性犯罪の被害者は「怒り狂った復讐者じゃない」、実…

  • 5

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    カップル・セラピストが見た、関係修復に失敗する夫…

  • 3

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 4

    ホラー映画や性犯罪で「犠牲者」になる女の子の気持…

  • 5

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 3

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 4

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:予防医療の時代

2021年9月28日号(9/22発売)

病気は「治す」から「防ぐ」へ......ゲノム検診で異常検知し超極小「ナノマシン」が細胞診断する日も近い

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売