最新記事

薬物依存

薬物依存の息子の死を覚悟した母親が語る、依存症克服の戦いと家族の再生

My Son Almost Died

2021年07月29日(木)18時46分
ショーン・ノシェ(作家)

薬物依存との闘いには人々の強い絆が重要だとノシェは気付いた SHAWN NOCHER

<回復を目指す彼の旅を公の場で語り始め、同じ境遇の親を支援するNPOを立ち上げるまで>

激しい雨が窓をたたいていた。9年前のある夜、もう午前3時だというのに私は眠れずにいた。

このまま薬物依存を克服しなければ、息子は死に至る。そのことに不意に気付いたからだ。自分が向き合っているものの深刻さを、はっきり悟ったのを覚えている。

以前は賢くて美しくて、まばゆいばかりだった私の息子は、そのとき4800キロ離れた地にいた。息子にとっては、薬物でハイになりたいという欲求が、愛する家族の存在を上回っていた。仕事も友人も失って、家族まで遠ざけつつあった。

あの夜の私は、一度は呼吸を落ち着けて、息子が死ぬという絶望を受け入れようとした。でも結局は、希望にしがみつくことしかできなかった。

愛する者が依存症を克服しようとする過程を目撃するのは、悪魔払いの儀式を見るようなものだと思う。悪魔を振り払う苦行に耐えれば、肉体の奥深くに眠っている本当の息子が姿を現すと思いたかった。

しかし、簡単なことではなかった。私たち家族が手を差し伸べようとしても、息子は沈黙し、その手を握り返せずにいた。

息子に手いっぱいで家族は崩壊寸前

息子の薬物依存体験で特に思い出すのは、自分が孤独だったということだ。私たち家族はバラバラだった。

私と夫の結婚生活は崩壊寸前だった。家族全体が息子のことで手いっぱいの中で、娘は迷惑を掛けまいと小さくなっていた。互いを非難する言葉が飛び交っていた。

息子は回復プログラムに頼らず、自力で依存から脱しようと何度も試みた。しかし最終的には、敗北感と恐怖から30日間のプログラムに参加を決意。家族や仲間たちの愛を支えにして、回復を目指す長い旅が2014年2月から始まった。

以来7年、息子は順調に回復を続けており、私たち家族も平穏になった。私にとって、息子は奇跡が実在する証しだ。

息子が回復し始めてすぐ、私は自分の体験を公の場で話すようになった。すると、似たような境遇にある親から相談の電話が次々に舞い込んだ。どの相談も私自身の体験を思い起こさせた。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

Wファーゴの資産規制、問題是正を確認するまで継続=

ワールド

米債務上限法案、上院で来週採決目指す=民主党

ビジネス

パウエル議長、FRB当局者の私的金融取引に不快感

ビジネス

中国恒大の債務問題、資本市場に影響も=HSBCトッ

RANKING

  • 1

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 2

    親に依存するのは恥ずかしくない? 米国のミレニアル…

  • 3

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 4

    カップル・セラピストが見た、関係修復に失敗する夫…

  • 5

    欧州はワクチンパスポートなしではカフェにも入れず…

  • 1

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 2

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 3

    ホラー映画や性犯罪で「犠牲者」になる女の子の気持…

  • 4

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 5

    進歩派なようで実は差別的な構造に執着...リアルすぎ…

  • 1

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 2

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 3

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 4

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 5

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:予防医療の時代

2021年9月28日号(9/22発売)

病気は「治す」から「防ぐ」へ......ゲノム検診で異常検知し超極小「ナノマシン」が細胞診断する日も近い

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売