最新記事

薬物依存

薬物依存の息子の死を覚悟した母親が語る、依存症克服の戦いと家族の再生

My Son Almost Died

2021年07月29日(木)18時46分
ショーン・ノシェ(作家)

数年前に電話をくれた古い女友達の息子は、依存症との闘いのなか、19年3月に亡くなった。私は彼のことを小さい頃から知っていたし、旧友も私の息子をかわいがってくれていた。2人とも周りに愛されていたはずなのに、私の息子は回復へ向かい、彼女の息子は死んでしまった。なぜ? 答えはない。

でも旧友は孤独ではなかったから、まだ絶望に耐えられたのだろう。私が彼女のそばにいたように、他の人々の支えになりたいという思いで、彼女と私は薬物依存の子を持つ親を支援するNPO「ラブ・イン・ザ・トレンチズ」を立ち上げた。

いま私は全米のリハビリ施設などを訪問しながら、親が子供たちの回復を助けるのに役立つネットワークづくりや情報提供などの支援活動を行っている。

誰もが回復する幸運に恵まれるわけではない。でも私たちの関係の核には愛があるべきだし、孤独が薬物依存を悪化させることも確かだ。依存症になった子供を愛すること、その回復を邪魔しないこと、そして私たちの結び付きそのものの中に希望があると信じている。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

アングル:米通信事業者の5G対応、「看板倒れ」の現

ビジネス

中国恒大会長、10年以内に新エネルギー車を主要事業

ビジネス

米上院財政委員長、富裕層向け所得税を提案

ビジネス

中国国家主席、石炭・電力の安定供給図ると表明=国営

RANKING

  • 1

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 2

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    世界一過保護な国アメリカでは、日本の親は全員ネグ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 1

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 2

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    「子育て」に氾濫するバイアスを排除する方法

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 2

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売