最新記事

通信講座

コーヒー資格の「コーヒーソムリエ」とは? コーヒー好きからコーヒー資格を持つ専門家へ。

PR

2021年10月27日(水)11時00分

<コーヒーは海外の文化だが、日本でも日常のあらゆるシーンに登場している。多くのカフェや喫茶店が軒を連ね、人気のコーヒーチェーンも複数ある。コーヒーを趣味するひとも多く専門家と言えるまで詳しいひとも多い。ではその延長としてカフェ経営について考えてみるのはどうだろう>

コーヒーの専門知識とは

コーヒー豆

コーヒーを毎日飲むことが習慣化しているひとは多い。コーヒーは休憩のお供や眠気覚まし、また逆に集中したいときにも求められる出番の多いアイテムだ。家でコーヒーメーカーを使って淹れることも一般的なうえ、コーヒーを提供するお店も多く、バリスタがいるようなコーヒー専門店はもちろんのことカフェ・レストラン・バーで当たり前のように提供され、近年ではコンビニでも挽きたてのコーヒーが買えるようになった。趣味として愛好するひとも多い身近なコーヒーだが、専門的な知識を身に付けているひとは案外少ないのではないだろうか。

まずはコーヒー豆の種類や産地から興味を持つ。少しずつ深入りしていき、コーヒーの歴史、生豆の選び方、豆どうしの相性、コーヒー豆の産地 コーヒーの淹れ方、淹れ方と味の関係、コーヒー豆の種類、豆の違いによる焙煎、ラテアート、コーヒーカップの種類、コーヒー豆、美味しい生豆の見分け方、焙煎についてなど、調べだすときりがない。

このようなコーヒーを選び、楽しむための知識を全般的に身に付けているのが「コーヒーソムリエ」である。

コーヒーを知るにはカフェの知識も必要

カフェの店内

「コーヒーソムリエ」のようにコーヒーの専門性を身に付けたうえに、カフェや喫茶店などの知識もあるとよりコーヒーの世界が広がる。趣味でコーヒーを楽しむのとビジネスとしてコーヒーを扱うのでは、目線が大きく変わるからだ。

特にゆくゆくはカフェ経営なども視野に入れている場合は専門的な知識を得たうえで、販売されているコーヒーを飲んでみるのはどうか。

例えば、ひとつのカフェの中で行う仕事は大きく分けると接客、調理、管理、経営がある。特に管理と経営が大事だが、数あるカフェのなかでいかにほかの店舗と差別化し売り上げを立てていくか戦略を立てなければ成功には至らない。また開業するにあたっての最低限の知識として、食品衛生法を始めとした法律に則り、喫茶店営業許可や飲食店営業許可などの手続きをきちんと済ませて店づくりを行わなければいけない。多くの制約のなかで美味しいコーヒーを提供する必要がある。想像しただけでも難易度が高いと言わざるを得ない。

独学で始めるカフェオーナーもいるが、成功のために学びの場を持つことも大事だ。

コーヒーやカフェ経営について学ぶには

「コーヒーソムリエ」と「カフェオーナー経営士」の認定証

コーヒーの専門知識やカフェ経営について学ぶなら、通信講座がおすすめだ。日本安全食料料理協会の「コーヒーソムリエ」と「カフェオーナー経営士」の認定試験を受けて資格取得できる。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=円・スイスフラン上昇、パウエル氏のタ

ビジネス

米国株式市場=下落、テーパリング加速や変異株巡る懸

ワールド

オミクロン、20カ国226例確認 重症化リスクの判

ビジネス

米経済回復は堅調と確信、先進国全体でインフレ進行=

お問い合わせ