最新記事

ヘルス

がん抑制効果も⁉ ターメリックの効能に新説登場

2018年5月25日(金)16時30分
有元えり

ラテにウコンをひとさじ入れて「黄金のミルク」として飲む女優も peangdao-iStock

<カレーの材料、お酒の前に飲むものとして知られるウコン=ターメリック。最新の研究から、がんやアルツハイマーの抑制に効果があると報告された>

アメリカを中心にオーガニックの高級食品をチェーン展開するホールフーズマーケットと言えば、全米の美容や健康食品の最新トレンドを測るうえで指標になる存在だ。そのホールフーズのビューティー&ヘルス部門で、今とりわけ存在感を放っているものをご存じだろうか? 例えば、オアフ島カハラ店のサプリメントの商品棚で何列にもわたって陣取り、飛ぶように売れているのはターメリック関連の商品だ。

有効成分は、ポリフェノールの一種である「クルクミン」

ターメリック。別名ウコンと聞けば、お酒の前のお供として、日本でもおなじみの存在だろう。アメリカでも紀元前から存在するスーパーフードとして以前から注目を集める食品のひとつだった。

サプリメントから化粧品、さらにお菓子に至るまで、ターメリックを含む商品は実にさまざま。それらがさらなるヒットに繋がった理由は、驚くべき効能の最新研究にある。

古くから中医学やアーユルヴェーダに使われてきた歴史を持つターメリックだが、そのターメリックに含まれるクルクミンというポリフェノールの一種は、これまでの研究で、抗酸化や抗炎症をはじめ、代謝異常や自己免疫不全などさまざまな疾患に治療効果があることがわかっている

【参考記事】カレーを毎日食べると記憶力が向上、認知症の予防にもなる?

最新の研究で、ターメリックの摂取による、がんの抑制効果を謳う新説が飛び出したものだから、再びクルクミンの効能に注目が集まってきたのだ。

デイリー・メールによると、多発性骨髄腫を患っていた67歳のアメリカ人女性が、2011年に従来の標準治療を完全に止め、1日8gのターメリックを摂取する食事療法に切り替えたところ、平均余命である5年を過ぎた現在に至るまで小康を保っていることが、世界最大級の症例報告専用データベース「BMJケース・リポート」で報告されたという。

記事内でアッバース・ザイディ医師が証言するには、今世紀でターメリックに関する研究は50例程度。これらは、複数のタイプのがん、アルツハイマー、心臓病、うつ病を予防する効果があることを示唆するという。また、術後の回復を速めたり、関節炎を治療したりする効果があるとされている。しかし、西洋医学において、クルクミンは大々的に研究が進んでいない領域で、処方されることは多くない。

また一方で、クルクミンの薬効を疑う指摘も。米医学誌「ジャーナル・オブ・メディシナル・ケミストリー」では、ミネソタ大学の研究チームが、クルクミンが効果を発する条件が定まらないとして不安定性を指摘。薬剤開発に向いていないと発表した。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

トルコ中銀総裁、解任委員が利下げに反対との観測否定

ビジネス

焦点:中国指導部、景気減速でも不動産規制堅持 実行

ビジネス

アングル:気候変動対策で企業が出張削減、対応迫られ

ワールド

アフガン南部のモスクで自爆攻撃、ISが犯行声明 3

MAGAZINE

特集:ドキュメント 中国撤退

2021年10月19日号(10/12発売)

規制と圧力、そして始まる新・文化大革命 見切りをつけた外国企業にいよいよ撤退の兆し?

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女性を狙う、猛スピードの男

  • 3

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 4

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 5

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 6

    再生可能エネばかりを重視したヨーロッパがはまった…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス…

  • 9

    日本の秋の風景とは少し趣が違う? 世界各地の「紅葉…

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 2

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 3

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里が、それでも3回目を接種する理由

  • 4

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 5

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 6

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 7

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブ…

  • 8

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 9

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 8

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 9

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 10

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月