最新記事

アメリカ政治

トランプロスの共和党重鎮、「彼には共和党の指導者であり続けてほしい」

Graham Thinks Trump Will Remain Strongest Voice in Republican Party

2021年1月21日(木)15時17分
ニコール・ファラート

1月20日、アンドルーズ空軍基地で退任式を終え、大統領専用機に搭乗するトランプ夫妻 Carlos Barria-REUTERS

<「議事堂に乱入したのはトランプ支持者のごく一部で、少数の暴力のために7400万の民意を無視してはならない」と、トランプ人気への未練を語る>

ドナルド・トランプ前米大統領は今後何年も共和党を代表する「最強の声」であり続ける──米共和党の重鎮リンゼー・グラム上院議員は1月20日、FOXニュースのトーク番組でそう力説した。

ジョー・バイデン新大統領の就任式が行われたこの日、トランプはホワイトハウスを後にして、メリーランド州アンドルーズ空軍基地で行われた退任式で演説。4年間の成果を自画自賛した後、「何らかの形でまた帰ってくる」と支持者らに別れを告げた。

グラムはトランプが欠席したバイデンの就任式に出席したが、FOXニュースの番組では、トランプは共和党を恒久的に変えたと語り、共和党の分裂を回避するため、上院で行われるトランプに対する弾劾裁判の開始を阻止する考えを明らかにした。

「わが党のメンバーなら、わが党がどういう党か分かっているはずだ。ドナルド・トランプを党から消し去ろうとすれば、その人間が消し去られる。大半の共和党員はトランプの政策を支持し、多くの共和党員は彼のスタイルを支持している。時として個人的に彼に失望した者も多くいるが、彼がわが国のために達成した数々の成果は、彼らも認めている」

トランプの離党を否定

1月6日にトランプ支持者らが連邦議会に乱入した事件を受け、共和党内ではトランプへの忠誠をめぐり亀裂が深まっている。下院共和党ナンバー3の地位にあるリズ・チェイニー議員はトランプに対する弾劾決議案に賛成票を投じ、トランプ流保守に決別する意思を明らかにした。民主党が上下院を制した今、こうした造反の動きにより、共和党は「イメージの危機」に直面している。

FOXニュースの番組ホストに、トランプが共和党を離党し、新党を結成する可能性はあるかと聞かれたグラムは、「そうはしないと思う。共和党の指導者であり続けて欲しい」と答え、「トランプの共和党」が達成した過去4年間の成果を並べ立てた。軍備の強化、連邦最高裁判所に保守派の判事3人を送り込んだこと、国境警備の強化、中東政策を主導したことなどだ。

「トランプ(前)大統領は彼のレガシーと最善の未来が共和党にあることを理解しているはずだ」

だが上院で弾劾裁判が始まれば、トランプが共和党を去る可能性があるため、あらゆる手立てを尽くして審理開始を阻止するつもりだと、グラムは語った。その言葉どおり、民主党のチャールズ・シューマー上院院内総務に手紙を送り、弾劾裁判によってトランプの公職資格を剥奪し、4年後の大統領選出馬を阻むことは「憲法に違反する政治的な報復行為」だと警告している。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

トルコ中銀総裁、解任委員が利下げに反対との観測否定

ビジネス

焦点:中国指導部、景気減速でも不動産規制堅持 実行

ビジネス

アングル:気候変動対策で企業が出張削減、対応迫られ

ワールド

アフガン南部のモスクで自爆攻撃、ISが犯行声明 3

MAGAZINE

特集:ドキュメント 中国撤退

2021年10月19日号(10/12発売)

規制と圧力、そして始まる新・文化大革命 見切りをつけた外国企業にいよいよ撤退の兆し?

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女性を狙う、猛スピードの男

  • 3

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 4

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 5

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 6

    再生可能エネばかりを重視したヨーロッパがはまった…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス…

  • 9

    日本の秋の風景とは少し趣が違う? 世界各地の「紅葉…

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 2

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 3

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里が、それでも3回目を接種する理由

  • 4

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 5

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 6

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 7

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブ…

  • 8

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 9

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 8

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 9

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 10

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月