最新記事

英王室

ヘンリー王子とメーガン妃はテレビ出演で高額の報酬を得たか

Fact Check: Were Meghan Markle and Prince Harry Paid for Oprah Interview?

2021年3月9日(火)13時58分
アンダース・アングルシー
オプラのインタビューに答えるメーガン妃

英王室から人種差別を受けたと爆弾発言をしたメーガン Harpo Productions/Joe Pugliese/Handout via REUTERS

<英王室を批判する爆弾発言のみならず高額な放映権料も注目を集めている>

オプラ・ウィンフリーによる英ヘンリー王子とメーガン妃への衝撃のインタビューは間違いなく、2021年のテレビ界における最大の「事件」のひとつとなるだろう。2人は英王室に打撃をもたらす可能性のある幾つかの主張を展開した。たとえば英王室のあるメンバーが、生まれてくるアーチーの肌の色がどれぐらい黒いかを「懸念」していたという主張だ。

一部のコメンテーターは、このインタビューがヘンリーとメーガン、そしてオプラの制作会社ハーポ・プロダクションに巨額の利益をもたらしたと指摘。3月5日付のウォール・ストリート・ジャーナル紙によれば、CBSは同インタビュー番組の放映権獲得に700万~900万ドルを支払った。2時間のインタビュー番組の合間に放送されるCM広告料は、30秒で32万5000ドルだったという。

2人は「大金を得た」のか

ソーシャルメディア上では、ヘンリーとメーガンに対して出演料が支払われたかどうかの憶測が飛び交った。

アメリカでもイギリスでも、複数のコメンテーターがインタビュー番組についての意見をソーシャルメディアで共有し、中にはヘンリーとメーガンにどれだけの金が渡ったのだろうかと疑問を投げかけた者もいた。そしてそれらの投稿には何千もの「いいね」がつき、何百回もリツイートされた。

イギリスのラジオ番組司会者であるジュリア・ハートリー・ブリューワーは、次のようなツイートを投稿した。「これから生まれる赤ん坊の性別を、数百万ポンドの報酬と引き換えにテレビのインタビューの中で明かすことを選ぶなら、プライバシーを守りたいなどという主張は捨てるべきだ。彼らはきわめてプライベートな情報を売ることを選んだのだから」

ハートリー・ブリューワーはその後、自身のコメントについてさらに詳しく説明。「彼らはネットフリックスやスポティファイをはじめ、名前と肩書だけを目当てに彼らを雇う人々に向けて、自分たちがどれだけ数字を取れるかをアピールするためにあのインタビューを受けた。あのインタビューが大金を呼び込むことになるだろう」と書き込んだ。

ほかにも複数の人物が、CBSの支払った放映権料が700万~900万ドルだと報じられたことを引き合いに出してコメントを投稿した。

「タブーなし・報酬なし」を強調

インタビューの冒頭でオプラは、ヘンリーとメーガンに対するどんな質問もタブーはない約束で、2人に対して出演料は支払われないと述べた。

オプラはメーガンに対して、「私がどんな質問をするかはお伝えしていないし、聞いてはいけない質問もない。あなた方に報酬も支払われないということで合意していますよね」と語りかけ、メーガンは「そのとおりです」と答えた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

焦点:中国指導部、景気減速でも不動産規制堅持 実行

ビジネス

アングル:気候変動対策で企業が出張削減、対応迫られ

ワールド

アフガン南部のモスクで自爆攻撃、ISが犯行声明 3

ワールド

焦点:韓国と北朝鮮の「軍拡最前線」、兵器展示会でつ

MAGAZINE

特集:ドキュメント 中国撤退

2021年10月19日号(10/12発売)

規制と圧力、そして始まる新・文化大革命 見切りをつけた外国企業にいよいよ撤退の兆し?

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女性を狙う、猛スピードの男

  • 3

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 4

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 5

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 6

    再生可能エネばかりを重視したヨーロッパがはまった…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス…

  • 9

    日本の秋の風景とは少し趣が違う? 世界各地の「紅葉…

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 2

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 3

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里が、それでも3回目を接種する理由

  • 4

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 5

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 6

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 7

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブ…

  • 8

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 9

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 8

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 9

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 10

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月