最新記事

インド

酸素がブラックマーケット流出、治療薬転売の医療関係者も:インド

2021年5月10日(月)18時30分
青葉やまと

インドでは酸素が入ったボンベが貴重な存在になっている...... REUTERS/Navesh Chitrakar

<感染者数が高止まりするインドで、貴重な酸素ボンベと医薬品がブラックマーケットに流出。通常の数倍から10倍の価格で取引されている>

新型コロナが猛威を振るうインドで、ブラックマーケットでの取引が後を絶たない。重症者の生命維持の要となる酸素ボンベと医薬品などが非正規のルートで取引され、毎日のように逮捕者が報じられている。

現地では医療が逼迫し、入院できない重症者が増加している。家庭での待機を余儀なくされた患者の家族たちは、愛する者の生命を救うべく、酸素の確保に奔走する。善意を尽くす医療関係者がいる一方、一部の業者と病院関係者がこうした状況を悪用し、法外な価格での取引を迫っている。

首都デリーでは、酸素充填工場における酸素ボンベへの充填能力と、病院への納品実績とのあいだに、明らかな不整合が確認された。差分が闇市に流出している模様だ。現地紙のインディア・トゥデイ誌の報じるところでは、ある業者は20トンの生産能力があるにもかかわらず、病院へは2.4トンしか供給を行っていなかった。

一件をめぐり、複数の病院が業者をデリー高等裁判所に提訴している。これに対し業者側の弁護士は、複数の病院に供給していたため生産が追いつかなかったと主張していた。裁判所は本件について、業者が酸素ボンベをブラックマーケットに横流ししていたものと認定し、デリー準州政府が充填設備の運営を代行すべきとの判断を示した。

インド政府は液化酸素の大量輸送車にGPSを装備するなど、流通状況の把握に躍起だ。しかし、シリンダーへの充填業者にひとたび引き渡されると、個々のシリンダーを追跡する枠組みは存在しない。本来医院へ納品されるべきシリンダーが闇市に流れたとしても、不正を証明する手立てがないのが現状だ。

個人レベルでも転売屋が暗躍している

個人で闇売買に手を染める者たちも続々と現れている。現地ニュース局の「ニューデリーTV」は、2本の酸素ボンベを不正に取引した容疑で、30代の男2名が逮捕されたと伝えている。本人たちは、シリンダー1本あたり日本円にして約5万5000円で入手し、7万4000円で販売する計画だったと供述している。

Amid India's Dire Oxygen Crisis, How a Thriving Black Market Is Bargaining For Every Breath In Delhi


本件で押収されたシリンダーは計5本に上り、当局は余罪を追求している。主犯格は玩具のネット販売を生業としており、通常は酸素に関わりのない者までもが転売益を求めて「闇ビジネス」に参入している形だ。

類似のケースは枚挙にいとまがない。ニューデリーTVによると、酸素発生器の販売を約14万円で持ちかける投稿がTwitter上に見られ、当局が携帯電話のシグナルを追跡する技術的捜査に乗り出した。

ニュース速報

ビジネス

米ADP民間雇用、7月は33万人増 5カ月ぶり小幅

ビジネス

米インフラ投資法案、経済の不平等を是正=イエレン財

ビジネス

米、四半期入札規模1260億ドルと横ばい 今後縮小

ビジネス

GM、第2四半期は黒字転換 通年見通し上方修正

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

人気ランキング

  • 1

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 2

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 3

    「反マスク派」ポスターを剥がした女性、仕込まれていたカミソリで負傷

  • 4

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「…

  • 5

    誰にも聞こえない周波数で歌う世界一孤独な「52ヘル…

  • 6

    火星の深部構造が探査機インサイトからのデータで判…

  • 7

    気候変動の影響で地球の自転軸がずれた──最新研究

  • 8

    中国発の大ヒットSF小説『三体』に秘められた中国的…

  • 9

    高級ホテルのWi-Fiはなぜ危険? 北朝鮮ハッカーの手…

  • 10

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 4

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 5

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 6

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 7

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 8

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 9

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 10

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月