最新記事

SNS

脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

Psychologist Baffles TikTok Viewers With 'Trippy' Optical Illusion

2021年5月29日(土)16時41分
セレン・モリス
ジュリー・スミス博士のTikTok動画

この映像がフルカラーに見える TikTok

<心理学者が公開した「脳がトリップ」するような体験が味わえるTikTok動画...「びっくり」「信じたくない」>

心理学者がTikTokに投稿した動画が、ユーザーたちを困惑させている。ジュリー・スミス博士の動画は、見る人の目の錯覚を利用して、本当は白黒の映像を鮮やかなフルカラー映像に見せるというものだ。

スミス博士は動画の中で、「ネガティブな残像を経験してもらいます」と、視聴者に語りかける。「本当は色のない映像に色があるように感じるよう、あなたの脳を騙します」

動画の前半部分では、スミス博士も周囲の風景も白黒で表示されており、博士の額には白いバツ印が貼られている。博士が話している途中で映像の色は反転し、博士は「頭にあるバツ印を集中して見つめて」と、見る人に語り掛ける。

そうすることで、「あなたの脳は驚くような働きを始めます」と博士は語る。「目の受容体を特定の色にさらし続けることで、白黒映像に戻った時に脳がそれまでと反転した色を(勝手に)見ようとする」というのだ。

映像の色が反転し、そしてリピート機能で白黒映像に戻った後もバツ印に集中し続けると、博士の言った通り映像がカラーで見えるはずだ。

TikTokのサイトに移動すれば、動画が自動でリピート再生されるので、この不思議な体験を味わってみて欲しい。博士は動画に沿えたコメントで、画面を明るくすればより鮮明なカラーで見られるとしている。

@drjuliesmith

Did you see colour? How long for & what stood out most? Try it with the brightness turned up for max effect! #learnontiktok #illusion #psychology

Say So (Instrumental Version) [Originally Performed by Doja Cat] - Elliot Van Coup

動画を見た多くの人々はこのイリュージョンに驚いたようだ。「トリップした感じ。この目で確かに見ても、脳は信じたがっていないようだ」「すごくびっくり! バツ印に集中していると、映像が白黒の間ずっとカラーに見える」

なぜこんなことが起きるのか。米ノースカロライナ州シャーロットの病院Charlotte Eye, Ear, Nose, and Throat Associatesによれば、「網膜の杆体細胞と錐体細胞が過剰に刺激を受けて鈍感になると、ネガティブな残像が生じる」としている。

「この『脱感作』はイメージの明るい部分を見ている細胞で強くなり、暗い部分を見ているところで弱くなる。そこから目が離れたとき、最も消耗していない細胞が最も強く反応し、最も消耗している細胞が最も弱く反応する。そのため、それまで映像で表示されていた色の反対を見ることになる。多くの『錯視』は、このネガティブな残像を利用している」

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

アングル:欧米で広がる金融商品「バズらせ」戦略、標

ワールド

東京都、新たに4058人のコロナ感染者を確認 初の

ビジネス

アングル:コロナ再拡大に大洪水、世界の供給網「限界

ワールド

焦点:見直し迫られるバイデン氏のコロナ戦略、デルタ

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺到で中止に、殺害予告も

  • 4

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 5

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 6

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 7

    今度は米西部でバッタが大発生、繰り返される厄災に…

  • 8

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 9

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 10

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 10

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月