最新記事

教育

人生の「成功」を左右する子ども時代の読書活動

2021年6月9日(水)10時15分
舞田敏彦(教育社会学者)

次に、自然体験とお手伝い体験を比べてみる。先ほどと同じく、小学校低学年の頃に「何度もある」と答えた者の割合だ。

data210609-chart02.png

どの項目も高収入層の数値が最も高くなっている。「低収入層<中間<高収入層」というように、現在年収と直線的な相関だ。赤字は高収入層の数値が低収入層の倍以上の項目で、一番下の掃除の手伝い経験は、低収入層が12.9%、中間が17.4%、高収入層が26.4%と差が大きい。「体験が人を育てる」とはよく言ったものだ。稼いでいる人の子ども期は勉強三昧だったかと思いきや、データでみるとそうではない。

稼ぐ人の子ども期をデータで垣間見たが、勉強一辺倒ではなく、いろいろなことをしていたことが分かる。「手伝いなどしなくていいから勉強せよ」というのは誤りだろう。他者への共感のない勉強(ガリ勉)は、エゴの増幅にしかならない。そういう子は、高い確率で「高学歴ニート」になる。子どもの生活には「均衡」を持たせることが大切だ。

<資料:国立青少年教育振興機構『読書活動が及ぼす効果に関する調査』(2013年2月)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

豪州、海外渡航制限を来週解除 ワクチン接種済みの国

ビジネス

独ビオンテック、ルワンダとセネガルにmRNAワクチ

ビジネス

アングル:投機の熱狂生んだトランプ氏の新SNS、批

ワールド

ゴア元米副大統領、気候変動対策に投資する資産管理組

MAGAZINE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

人気ランキング

  • 1

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 2

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけられた「デブ穀物」その実態とは

  • 3

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 4

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 5

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 6

    移動を邪魔して怒りを買った男性が、野生ゾウに踏ま…

  • 7

    中国の不動産危機、見えてきた2つのシナリオ

  • 8

    トヨタが半導体不足で減産する一方、テスラが生産台…

  • 9

    「クアッド」とは何か:安倍前首相が提唱し、豪州が…

  • 10

    マイケル・ジャクソンのボディーガードだった私が見…

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 3

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 6

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 7

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 8

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 9

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけら…

  • 10

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月