最新記事

公園

ニューヨークの新名所「リトルアイランド」の素晴らしさと、厳しい現実

The Big Problem With Little Island

2021年6月25日(金)17時59分
ヘンリー・グラバー
リトルアイランド

チューリップ形の支柱が並んだ構造が目を引くリトルアイランドは都会の中のオアシス的な楽しさが魅力だが MICHAEL GRIMM

<市民の憩いの場は、資金も運営も民間の「善意」が頼り。過密都市ニューヨークのジレンマが浮き彫りに>

ニューヨークでも特に目を引く2つの新名所はどちらもイギリスのデザイナー、トーマス・ヘザーウィックの作品だ。銅色の鋼鉄で覆われた高さ約45メートルの展望台「ベッセル」は2019年に、ハドソン川に浮かぶ水上公園「リトルアイランド」は今年5月にそれぞれオープンした。

ベッセルは世界でもまれに見る大失敗に終わった。総工費2億ドル。多数の階段で構成された蜂の巣状の構造が特徴で、ニューヨークの再開発プロジェクト「ハドソン・ヤード」の目玉になるはずだった。

ところが実際は、周囲が殺風景で最上階からの眺めも地上からと変わらなかった。車椅子利用者にはひどく不便で、ベース部分の段に座ろうとすると警備員に止められた。

隣のオフィスビルはコロナ禍で閑散とし、ベッセルは自殺の名所に。約1年で3人目の自殺者が出たのを受けて、今年1月に一旦閉鎖された(その後、自殺予防策を講じて5月末に再開)。

その頃には世間の注目はリトルアイランドに移っていた。5月21日にオープンした水上公園を支えるのは、同じくヘザーウィックが手掛けた12年ロンドン五輪の聖火台を思わせる、チューリップ形のコンクリート製支柱132本。奇跡のような構造は岸から見て壮観だが、公園の魅力はもっとシンプルな楽しさにある。

すべては大富豪バリー・ディラーのおかげ

約1ヘクタールの敷地は急傾斜のスロープで細かく仕切られ、探検にぴったり。アメリカの造園家シグネ・ニールセンが手掛けた緑豊かな庭園には、車椅子も通れる小道が走る(岩でできた近道は子供たちが大喜びしそうだ)。

ほとんどの訪問者は高台や展望台に向かうが、イチオシは円形劇場。木製ベンチが並び、街の喧噪を忘れてくつろげる。トイレも市内の公共施設では指折りの快適さだ。

全ては最大のスポンサーであるメディア王バリー・ディラーのおかげだ。ディラーは建設費として2億6000万ドル、さらに今後20年の維持費も負担した。大失敗したハドソン・ヤードとベッセルのスポンサーも、やはり大富豪のスティーブン・ロスだ。

個人の富は無限にあり、公共機関のできることには限りがある時代に、公益事業で最善の成果を上げるには博愛主義者をその気にさせるのが一番かもしれない。ハドソン川に水上公園を造ろうと思ったら、以前はイベントで資金を調達する必要があった。ディラーはその資金を、いやそれ以上のものをもたらした。

ニュース速報

ビジネス

日産、今期3年ぶり最終黒字へ 世界販売計画は維持 

ワールド

中国、公立学校教師による家庭教師の副業禁止

ビジネス

シンガポールのGIC、英モリソンズ買収でSBG系連

ビジネス

サンタンデール銀、第2四半期は予想上回る増益 貸倒

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

  • 8

    【英国から見る東京五輪】タイムズ紙は開会式を「優…

  • 9

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月