最新記事

ワクチン

アメリカで政府や企業のワクチン接種義務付け進む デルタ株感染拡大で

Joe Biden Pushes New Vaccine Policies, Incentives as Virus Cases Surge

2021年7月30日(金)15時28分
エリザベス・クリスプ
バイデン

米国内の感染再拡大によりワクチン接種強化策を打ち出したバイデン。ワクチン接種報奨金100ドルも REUTERS/Evelyn Hockstein

<すでに1億6000万人以上がワクチン接種済みのアメリカでもデルタ株の感染が急拡大。連邦政府もグーグルなどの大企業も、接種義務化を打ち出した>

ジョー・バイデン米大統領は、感染力の強いデルタ型変異株の流行で感染者が再拡大していることから、ワクチン接種を促すための新たな施策を発表した。連邦政府職員にワクチン接種の証明を義務づけるなどの措置を導入し、州政府に対しては、ワクチン接種者に100ドルを支給するよう求めると発表した。費用は連邦政府が負担する。またグーグル、ツイッターなどのハイテク大手もオフィス再開までのワクチン接種を従業員に求めると発表した。

米疾病対策センター(CDC)は7月27日に、新型コロナウイルスの感染防止に関するガイダンス(指針)を修正し、感染が再拡大している地域では、ワクチン接種後も屋内ではマスクを着用するよう勧告した。これまでのガイダンスでは、ワクチン接種を済ませた人はマスクを着用する必要はないとしていたが、感染力の強いデルタ型変異株の流行により、米国内で感染者が増加していることを踏まえて、軌道修正したかたちだ。

バイデンは、29日にホワイトハウスで行った演説の中で、新たな施策を発表した。

「ワクチンは安全で、きわめて有効だ」と彼は記者団に語り、さらにこう続けた。「これは政治の問題ではない」

変異株の流行で感染が再拡大

新たな方針の下、全ての連邦政府職員および連邦政府ビルで働く請負業者に対して、ワクチン接種の証明が義務づけられる。接種証明を拒んだ者、あるいはワクチン接種を受けていない者は、定期的に検査を受けなければならない。バイデンはまた、国防総省に対して、軍人に接種を義務づけるワクチンのリストに、新型コロナウイルスワクチンを追加することを検討するよう指示すると述べた。

新型コロナウイルス感染症の死者数の累計が61万人近くにのぼるアメリカでは、これまでに1億6300万人以上がワクチン接種を済ませている。しかし若者やワクチン反対派などの間で接種が伸び悩んでいた上、デルタ株の流行で感染が再拡大している。一部では、ワクチン接種を完了した人への感染も確認されている(ただし接種していない場合に比べて軽症で済むとされている)。

バイデンはまた、ワクチン接種のために従業員に有給休暇を認めた企業には、連邦政府がその費用を補償すると表明。さらに若者のワクチン接種を促すために、各学校に対して「簡易接種センター」の設置を受け入れるよう呼びかけた。

ニュース速報

ビジネス

ソフトバンクG出資の印オヨ、来週IPO申請=関係筋

ワールド

台湾のTPP申請、中国が先に加入ならリスクにさらさ

ビジネス

Wファーゴの資産規制、問題是正を確認するまで継続=

ワールド

米債務上限法案、上院で来週採決目指す=民主党

MAGAZINE

特集:予防医療の時代

2021年9月28日号(9/22発売)

病気は「治す」から「防ぐ」へ......ゲノム検診で異常検知し超極小「ナノマシン」が細胞診断する日も近い

人気ランキング

  • 1

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという間に「短命県」になったシンプルな理由

  • 2

    韓国の技術革新力が世界5位に──K ポップの活躍も要因。日本の順位は?

  • 3

    サイを逆さ吊りにする実験結果がイグノーベル賞を受賞

  • 4

    生放送の天気予報に堂々と映り込む犬「おやつが欲し…

  • 5

    「中国版リーマン・ショック」恒大集団の経営危機が…

  • 6

    中国版リーマン・ショック、「恒大」破綻危機で世界…

  • 7

    マスクなしでスーパーを埋め尽くす「買い物テロ」に…

  • 8

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 9

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 10

    ドイツ震撼 コンビニのバイト学生がマスク着用を注…

  • 1

    「携帯キャリアと正反対」 ネットフリックスが幽霊会員を退会させる狙いとは?

  • 2

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 3

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという間に「短命県」になったシンプルな理由

  • 4

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 5

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 6

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 7

    国石「ヒスイ」が生まれる東西日本の境界を歩く

  • 8

    韓国の技術革新力が世界5位に──K ポップの活躍も要因…

  • 9

    「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を…

  • 10

    サイを逆さ吊りにする実験結果がイグノーベル賞を受賞

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 5

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 6

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 7

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 8

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 9

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で…

  • 10

    330匹の猫が不審死...原因はペットフードか 重症猫…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月