最新記事

ドイツ

ドイツ震撼 コンビニのバイト学生がマスク着用を注意して射殺された

2021年9月22日(水)12時00分
モーゲンスタン陽子

極右の反規制派や陰謀論者たちの暴力的な言説が現実になった RND-YouTube

<ドイツで店内のマスク着用ルールを注意した20歳のアルバイト男子学生が頭部を撃たれ殺害された>

9月18日夜、ドイツのラインラント=プファルツ州で、顧客にマスク着用を促したガソリンスタンドの20歳のアルバイト男子学生が頭部を撃たれ殺害された。

後日、自ら出頭した49歳の男は、普段からコロナ規制にうんざりしており、このような規制を強要した学生が殺されたのは「自業自得」であり、「先例を作らなければならなかった」という趣旨の発言をしている。

若い命が不当に奪われたばかりでなく、以前から懸念されていた陰謀論者たちによる暴言がついに現実として起こったことに、ドイツ中がショックを隠せないでいる。

店内でのマスク着用ルールを注意しただけ

ラインラント=プファルツ州のイーダー・オーバーシュタインは人口3万人弱の小さな町だ。さまざまな宝石の原石が取れるので「宝石の町」として知られている。

ドイツのガソリンスタンドは、ほとんどの店が閉まる夜8時以降や日曜祝日にも営業しており、中で軽食なども取れるようになっていて、ちょっとした「コンビニ」のような存在だ。警察の発表によると、18日夜7時45分頃、49歳の男がビールの6本パックを2つ購入しようとしたが、店内でのマスク着用ルールを守っていなかったため、20歳の男子学生店員に注意された。この時、男は購入せずに退店したようだ。

その後9時25分ごろ、今度はマスクをして同ガソリンスタンドに戻った男はビール6本の支払いのためレジに行くと、同店員を挑発するためにマスクを外した。店員が再び注意すると、男はリボルバーを取り出し正面から頭部を撃ち抜いた。

男は徒歩で逃走したが、翌日自ら警察に出頭。コロナ規制に反対で多大なストレスを感じており、「先例を作る以外に出口はない」と言い、また被害者は「そのような規制を強要したのだから、このような結果となったのは彼の責任だ」と述べた。

その後の家宅捜査で銃器が発見されているが、男は銃器所有免許を保持していない。

極右勢力は事件を「歓迎」

利己的な理由で若い命が奪われ、容疑者がまったく悪びれていないだけでもショックだが、さらに国民を不安に陥れているのは、兼ねてから指摘されていた極右の反規制派や陰謀論者たちの暴力的な言説が現実になったことだ。

今回の殺人事件を受け、(FacebookやTwitterのように暴力的な内容の削除をしない)Telegramなどのプラットフォームではすでに男の行為が歓迎ムードで語られている。被害者が学生(=左翼と考えられているらしい)だったことで、「ダニが一匹減った」などと、想像を絶する酷さだ(DER TAGESSPIEGEL)。

男がこのような過激なチャットに参加していたかどうかは不明だが、もし何らかのグループと繋がりがある場合、今回のような理不尽な暴力沙汰が今後さらに続く可能性もある。警察は今も調査を続けている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:米通信事業者の5G対応、「看板倒れ」の現

ビジネス

中国恒大会長、10年以内に新エネルギー車を主要事業

ビジネス

米上院財政委員長、富裕層向け所得税を提案

ビジネス

中国国家主席、石炭・電力の安定供給図ると表明=国営

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚されぬ屈辱 その理由とは──

  • 3

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスより約500年早くアメリカ大陸に到達していた

  • 4

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 5

    ヒトに脳炎起こす、20センチの巨大カタツムリ 10年…

  • 6

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 7

    「自分たちらしく、時代に合ったものを」デュラン・…

  • 8

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 9

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 10

    映画『アメリカン・スナイパー』のネイビー・シール…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 7

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 8

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 9

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 10

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月