最新記事

テクノロジー

フェイスブック、「メタバース」実現へ欧州で1万人雇用

Facebook Targets EU Workers to Help Build Metaverse, Bring Social, Economic Opportunities

2021年10月19日(火)20時16分
ゾエ・ストロゼウスキ
ザッカーバーグ

次は「メタバース」での覇権を狙う?フェイスブックのザッカーバーグCEO Andreas Gebert-REUTERS

<フェイスブックが喧伝する次なる技術「メタバース」とは? エンジニアをわざわざ欧州で採用する理由は?>

フェイスブックは10月17日、今後5年間で欧州連合(EU)域内の人材1万人を雇用する計画を発表したとAP通信が報じた。目標は、新たなコンピューティング・プラットフォーム「メタバース」を実現することだ。

同社は10月17日付のブログ記事のなかで、「メタバース」計画について語っている。これは、拡張現実と仮想現実を通じてユニークな社会的・経済的機会をユーザーに提供する、未来志向の仮想世界だという。IT各社が開発に力を入れている。

フェイスブックが雇用を計画する1万人は、メタバースの開発目標を達成するためのものだと、ブログの共著者、ニック・クレッグ国際戦略担当副社長とハビエル・オリバン中核製品担当副社長は書いている。

「メタバースの実現を目指すにあたり、専門性の高いエンジニアの必要性は、フェイスブックにとって、きわめて急を要する優先事項のひとつだ」

APの報道によれば、このメタバースは、無数の人がアバターを使ってリアルタイムでアクセスできるオンラインプラットフォーム。仮想世界のなかに入ったユーザーは、仮想ミーティングを開いたり、仮想の土地や衣類、デジタル資産を暗号通貨で購できる。

フェイスブックの経営幹部は以前からメタバースを、モバイルインターネットに続く大ブームになると宣伝しているが、未来のトレンド予測をめぐる彼らの実績には当たり外れがある。マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は4年前に、ヘットセッドを通じて遠くにいる人と仮想バケーションを楽しみ、スマートフォンを使って自宅アパートをバーチャルでリフォームする未来を予想したが、これまでのところ現実にはなっていない。

メタバースの独占は許されないが

一方でフェイスブックは、独占禁止法をめぐる規制や、元社員の内部告発や、誤情報を垂れ流したという批判への対応にも追われている。

フェイスブックの採用担当者は、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ポーランド、オランダ、アイルランドを、今回の雇用活動のターゲットにしている。欧州で採用するのは、個人情報の扱いで対立するEUへの配慮、との見方もある。

メタバースの実現を目指すのはフェイスブックだけではない。またメタバースは、ただひとつの企業が所有・運営するものではないことは、フェイスブックも認めている。同社以外の参入者としては、「フォートナイト」を開発するエピック・ゲームズなどがいる。エピック・ゲームズは、メタバース開発に関する長期計画を支える資金として、投資家から10億ドルを調達している。

だが、ちょうど現在のインターネットをめぐる状況と同じように、最終的にはフェイスブックをはじめとする一握りのシリコンバレーの大企業がメタバースを支配し、個人情報を集めて利益を得るために利用するのではないかという懸念もある。
(翻訳:ガリレオ)

20211207issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

12月7日号(11月30日発売)は「文化大革命2.0」特集。習近平が主導する21世紀の共産主義運動。思想・情報統制をどこまで強化するのか、独裁者の真意はどこにあるのか

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

来年の米成長見通しを引き下げ、ゴールドマンが変異株

ワールド

米高官「イランが譲歩撤回」と見解、核合意協議に暗雲

ワールド

インドネシアのジャワ島東部で噴火、13人死亡・90

ワールド

米ロ首脳が7日に会談、緊迫のウクライナ情勢協議へ

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 9

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月