最新記事

スポーツ

インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚されぬ屈辱 その理由とは──

2021年10月22日(金)17時50分
大塚智彦

またトマスカップでの優勝という機会に国旗が掲揚されなかった事態に対してLADIのデシー・ロスメリダ長官は18日、オンラインの会見で「表彰式で起きたことについてインドネシアの国民と大統領に深くお詫びする」と国民に謝罪した。

さらにザイヌディン・アマリ青年スポーツ相も「LADIが表明したように私自身からも心からのお詫びをしたい。母国にトマスカップの優勝カップを持ち帰るという幸せを壊す結果になってしまって申し訳ない」と謝罪した。

そのうえでザイヌディン大臣は「効果的なドーピング検査ができなかった原因を徹底的に調べて、問題がもしあれば責任をもって是正を図っていきたい」と今後の改善に前向きに取り組む姿勢を改めて表明した。

"東南アジア版オリンピック"でも同様の措置

インドネシアを含む東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟10カ国と東ティモールが参加して2年に一度開催されている「東南アジア競技会(SEAゲーム)が2022年7月にベトナムのハノイで開催される。

この東南アジアのオリンピックと称される大会でもインドネシアとタイはWADAの処分により、大会では国旗の掲揚、使用ができないことになる。

SEAゲームは1959年に第1回大会がタイで開催されて以降、2年ごとにASEAN10カ国のもち回りで開催されている大会で、ハノイ大会は2021年11月に開催予定だったが、ASEAN各国でコロナ感染が依然として予断を許さない状況にあることから2022年7月開催に延期となった経緯がある。

インドネシアはこれまでSEAゲームで東京オリンピックでも活躍したバトミントンや重量挙げをはじめ、セパタクローやサッカーなどで熱戦を繰り広げ、メダル獲得や上位入賞を果たしている。

タイもサッカー、セパタクロー、ムエタイなどで常に上位入賞を果たし、メダル獲得競争でもシンガポールやインドネシアと常に争う域内のスポーツ大国だ。

タイとインドネシアという上位常連国が共に「国旗の使用禁止」という処分を受けたことで、2022年のSEAゲームでは大会の気運やタイ、インドネシア両国民の熱気にも水を差す可能性が指摘されている。

制裁解除への動きも

10月20日のインドネシア地元紙はインドネシアのLADI関係者が近くWADAと接触して、インドネシアに下された制裁処分の内容について詳細な説明を改めて求め、そのうえで制裁解除に向けた努力を進める方針だと伝えた。

インドネシアやタイのWADA規定違反はロシアのようなドーピング違反の組織的隠ぺいやデータ改ざんといった悪質な行為ではなく、単に規模や精度が不十分で規定に従った厳格なドーピング検査が実施できなかったことによるものとされている。

このためインドネシア、タイの関係当局は今後の検査体制の見直しと改善で、早期の制裁解除を働きかけ、国際大会での「国旗使用」への道を開く動きを活発化させるものとみられている。


otsuka-profile.jpg[執筆者]
大塚智彦(フリージャーナリスト)
1957年東京生まれ。国学院大学文学部史学科卒、米ジョージワシントン大学大学院宗教学科中退。1984年毎日新聞社入社、長野支局、東京外信部防衛庁担当などを経てジャカルタ支局長。2000年産経新聞社入社、シンガポール支局長、社会部防衛省担当などを歴任。2014年からPan Asia News所属のフリーランス記者として東南アジアをフィールドに取材活動を続ける。著書に「アジアの中の自衛隊」(東洋経済新報社)、「民主国家への道、ジャカルタ報道2000日」(小学館)など

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

原油先物は続落、米在庫増が圧迫 週間では5連騰

ビジネス

独、22年成長率予想3.6%に下方修正へ 供給制約

ワールド

英、オミクロン亜種を調査 増殖に優位の可能性

ワールド

米ロ外相、協議継続で一致 米は安全保障要求を来週回

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かんでいる 3次元でマップ化

  • 3

    おまけ狙いの爆買い男性に106食分を売った中国ケンタッキー、当局から正式に怒られる

  • 4

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 5

    オタク活動に注意? 芸能人を好きになり過ぎると「知…

  • 6

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 7

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 8

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 9

    北京五輪には自前のスマホを持ち込むな、米加が選手…

  • 10

    北京五輪参加者に忍び寄る肛門PCR強制の恐怖

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 5

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 6

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 7

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 8

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 9

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 10

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 8

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 9

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月