最新記事

日本政治

衆院選きょう公示、野党共闘210以上の選挙区で 自民の単独過半数獲得が鍵

2021年10月19日(火)09時31分
国会議事堂

第49回衆院選が19日公示され、各党は31日の投開票に向けた12日間の選挙戦に突入した。写真は2016年2月撮影(2021年 ロイター/Toru Hanai )

第49回衆院選が19日公示され、各党は31日の投開票に向けた12日間の選挙戦に突入した。4年ぶりの衆院選では安倍・菅政権の評価を踏まえ自民・公明両党による連立政権の継続の有無を有権者に問う選挙となる。

政策テーマは、新型コロナウイルス対策や経済対策などが争点。子供や低所得者向けに現金給付を掲げる政党が多い。小選挙区(定数289)と比例代表(同176)合わせて465議席を巡って争う。

立憲民主と共産、国民民主、れいわ新選組、社民の5党は210以上の選挙区で候補者を一本化し、与野党一騎打ちの構図となっている。

公示前勢力は与党が自民276、公明29の計305議席。岸田文雄首相は与党の勝敗ラインを過半数の233議席と定めた。自民党内では、自民単独での過半数獲得をひとつの目安とする声も多い。

自民党が7―10日に実施した調査によると、自民が劣勢な小選挙区は20議席強で、単独過半数割れは免れるとの見方が党内にはある。

憲法改正に前向きな維新を合わせた「改憲勢力」が、改憲発議に必要な3分の2以上の310議席に達するかもポイントとなる。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2021トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


【話題の記事】
・中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロナ禍の今、彼らは何を思うのか
・世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...


今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

10月失業率は2.7%に改善、有効求人倍率は1.1

ビジネス

米景気回復、債務上限解決なければ台無し─財務長官=

ワールド

オミクロン株、米国で主流になるか予測できず=ファウ

ビジネス

インフレ長引く可能性、コロナで下振れリスク=FRB

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 7

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 8

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 9

    ワクチンが効かない?南アフリカ変異株「オミクロン…

  • 10

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 6

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 7

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 8

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 9

    恋の情趣・風雅・情事 ── 江戸の遊廓で女性たちが体現…

  • 10

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 8

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月