最新記事

子育て

タワマン暮らしの子どもたちが陥る、危ない「高所平気症」

2021年10月13日(水)13時30分
舞田敏彦(教育社会学者)
高層階に住む赤ちゃん

東京都心の中央区や港区では、高層階に住む乳幼児の割合が3割を超えている lolostock/iStock.

<乳幼児を高層階で育てると、子どもが高さへの恐怖を感じられない危険が指摘されている>

東京都心の虎ノ門に、54階の超高層ビルが建設されている。入るのはオフィスや商業施設等だが、高層階には一般住宅も入るらしい。50階以上の天空の暮らしとはどういうものか、下々の筆者には想像も付かない。

当然、子どもがいる世帯も入居すると思われるが、高さの感覚が育っていない乳幼児の場合、「高所平気症」が懸念される。高所から下を見下ろしても怖さを感じないことで、幼児がベランダから身を乗り出して転落する事故も相次いでいる。

タワマンの高層階に住む子どもは、超マイノリティーと思われるかもしれない。全国的に見れば、確かにそうだ。0~4歳の乳幼児498万1244人のうち、共同住宅の11階以上に住んでいる子どもは9万8816人(総務省『国勢調査』2015年)。パーセンテージでは1.98%でしかない。

だが地域差があり、都市部ではこの数値は高い。高層階に住む乳幼児の割合を都道府県別に出し、高い順に並べると<表1>のようになる。

data211013-chart01.png

全国値は1.98%だが、県別にみると0.11%から5.93%までの開きがある。奈良では11階以上の高層階に住む子は909人に1人だが、東京では17人に1人だ。東京は狭いが、人口がどっと押し寄せ、経済や文化の中枢としての機能も集中している(コロナ禍で変化の兆しはあるが)。そこで狭い土地を有効活用せんと、東京は「空」に伸び続けている。

東京の都心では少子化など「どこ吹く風」。子どもが増え続け、湾岸エリアの学校は悲鳴を上げている。タワマンに越してくる家族のためだが、今後、高層階で暮らす子どもは増えていくだろう。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国は気候問題を重視、習氏のCOP参加有無はいずれ

ビジネス

J&J、21年利益予想を上方修正 コロナワクチン売

ワールド

北のミサイル、1発はEEZ外に落下 SLBMの可能

ワールド

ビル・ゲイツ氏、グリーン技術への投資で英政府と連携

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 3

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 4

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    韓国世論も日韓関係の悪化しか生まない「徴用工裁判…

  • 7

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    このアイスが64円! 10期連続売上増シャトレーゼが「…

  • 10

    脱炭素シフトで世界の優等生ドイツが「国中大停電の危…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 3

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里が、それでも3回目を接種する理由

  • 4

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 5

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 6

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 7

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 8

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 9

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月