最新記事

モデル

ミーガン・フォックスを悩ます「醜形恐怖症」って何?

What Is Body Dysmorphia, As Megan Fox Reveals She Struggles With Insecurities

2021年10月13日(水)18時42分
エレノア・リース
ミーガン・フォックス

モデルで女優のミーガン・フォックスが「醜形恐怖症」だなんて(5月21日、ロサンゼルス) Mario Anzuoni- REUTERS

<人から美しいと言われる女性が必ずしも幸せではないし、多くの不安をかかえていることもある、とフォックスは言う>

女優のミーガン・フォックスが、「ブリティッシュGQ」のインタビューのなかで、自分のボディについての不安を打ち明けた。

フォックスは、恋人の俳優マシン・ガン・ケリーとの合同インタビューのなかで、セックスシンボルとして扱われた2000年代を経て、最近メディアによる再評価を受けている現状について語った。

美しいグラビアモデルという世評にもかかわらず、フォックスは次のように語った。「人は誰かを見て、『あの人はすごくきれいだから、きっと人生もすごく楽に違いない』と考えるかもしれない。でも本人はたいてい、そんなふうには感じていない」

「私は『醜形恐怖症』なの。心の底に、たくさんの不安をかかえている」

フォックスが言う「醜形恐怖症」とはいったい何か、フォックスのような悩みをかかえる友人や家族をどう支えればいいかを以下にまとめた。

醜形恐怖症とは何か?

醜形恐怖症は、身体醜形障害(BDD)とも呼ばれる。

精神疾患のひとつであり、患者は一般に、自分の身体イメージに関して不安を募らせる。

それが嵩じて、ほかの人にはほとんどわからないような欠点を極度に気にしてしまうこともあると、カウンセラーのミシェル・ルースはニューズウィークに語った。


「BDD患者はうぬぼれ屋だとか、自分のことばかり考えているといった誤解がある」とルースは言う。

「だが、BDDは正真正銘の疾患であり、人間のメンタルヘルスに大きな影響を与える場合がある。真剣に受け止めなければいけない」

どんな人でもBDDになる可能性はあるが、ティーンエイジャーや若年成人に比較的よく見られる。

BDD患者は、自分の外見に厳しい視線を向けるだけでなく、肌を引っ張ったり、鏡で自分の姿を確認したりといった儀式的な強迫行為を見せることもある。

身体醜形障害患者が助けを求めるべきときは?

ルースによれば、BDD患者が見せるそうした儀式的な強迫行為は、「きわめて長い時間にわたる」こともあるという。

「強迫観念や強迫行為が日々の生活に影響を与えていることに気づいたら----たとえば、朝の身支度に普段よりも長い時間がかかるとか、鏡の前で過ごす時間が長くなったとか、鏡をすっかり避けるようになった、といったことに気づいたら、助けを求めるべきだ」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国は気候問題を重視、習氏のCOP参加有無はいずれ

ビジネス

J&J、21年利益予想を上方修正 コロナワクチン売

ワールド

北のミサイル、1発はEEZ外に落下 SLBMの可能

ワールド

ビル・ゲイツ氏、グリーン技術への投資で英政府と連携

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 3

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 4

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    韓国世論も日韓関係の悪化しか生まない「徴用工裁判…

  • 7

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    このアイスが64円! 10期連続売上増シャトレーゼが「…

  • 10

    脱炭素シフトで世界の優等生ドイツが「国中大停電の危…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 3

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里が、それでも3回目を接種する理由

  • 4

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 5

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 6

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 7

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 8

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 9

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月