最新記事

宇宙

銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

2021年10月15日(金)17時58分
松岡由希子

銀河系の中心方向からやってくる奇妙な電波信号をとらえた  Sebastian Zentilomo/University of Sydney

<豪シドニー大学らの研究チームは、銀河中心近くに位置する電波源を検出した>

豪シドニー大学らの研究チームは、銀河系の中心方向からやってくる奇妙な電波信号をとらえた。その電波は既知のどの電波源のパターンとも異なっていることから、未知の種類の恒星状天体が存在する可能性もあるという。一連の研究成果は2021年10月12日、学術雑誌「アストロフィジカルジャーナル」で発表されている。

研究チームは、西オーストラリア州マーチソン電波天文台の電波望遠鏡「アスカップ(ASKAP)」による天体観測において、2019年4月28日から2020年8月29日までに13回、銀河中心近くに位置する電波源を検出した。この天体はその座標にちなんで「ASKAP J173608.2-321635」と名付けられている。

その最も奇妙な特性は、非常に偏向性が高いという点だ。その光は一方向にのみ振動するが、時間の経過とともに方向が入れ替わる。輝度も100倍で著しく変化し、ランダムにオンとオフが切り替わる。

「新しい種類の天体かもしれない」

研究論文の共同著者でシドニー大学のタラ・マーフィー教授は「最初は目で感知できなかったが、次第に明るくなり、やがて消え、再び現れた。この挙動は非常に珍しい」と振り返る。

研究チームでは当初、この電波源はパルサー(高速で回転する超高密度の中性子星)もしくは巨大な太陽フレアを放出するタイプの星ではないかと考えていた。しかし、この電波源からの信号は、これらのタイプの天体からみられるものとは一致しなかった。研究チームは「『ASKAP J173608.2-321635』は新しい種類の天体かもしれない」と考察する。

研究チームは、豪ニューサウスウェールズ州パークス天文台の電波望遠鏡と南アフリカ共和国北ケープ州に設置された電波望遠鏡「ミーアキャット(MeerKAT)」でこの電波源を追跡観測した。

パークス天文台の電波望遠鏡による2020年4月20日と同年7月29日の観測ではこの電波源が検出されなかったが、「ミーアキャット」で2020年11月19日から2021年2月まで2週間ごとに12分間の観測を行ったところ、2月7日に電波源を検出した。しかし、その挙動は明らかに異なる。「アスカップ」での観測では数週間続いていたにもかかわらず、電波源はわずか一日で消えた。

銀河中心電波過渡現象と共通する特性

研究チームは、「ASKAP J173608.2-321635」が銀河中心電波過渡現象(GCRT)のひとつである可能性についても言及している。「ASKAP J173608.2-321635」には銀河中心電波過渡現象と共通する特性がいくつかみられた。ただし、銀河中心電波過渡現象については現時点で十分に解明されておらず、いずれにしろ「ASKAP J173608.2-321635」の正体はまだ多くの謎に包まれている。

Gravitas: 'Strange' radio waves detected from the heart of the Milky Way

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

来年の米成長見通しを引き下げ、ゴールドマンが変異株

ワールド

米高官「イランが譲歩撤回」と見解、核合意協議に暗雲

ワールド

インドネシアのジャワ島東部で噴火、13人死亡・90

ワールド

米ロ首脳が7日に会談、緊迫のウクライナ情勢協議へ

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 9

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月