最新記事

動物

カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

2021年10月22日(金)19時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
カワウソ

見た目によらず、したたかなカワウソ(写真はイメージです) Rawlinson_Photography-iStock

<「れっきとした肉食動物」の一面を披露>

カワウソといえば、手をつないで眠る姿や、ふわふわのお腹を思い浮かべる人が多いだろう。

そんな愛らしいカワウソがカモメを急襲し、水中に引きずり込む動画がソーシャルメディア上で話題となっている。この衝撃的な映像は、カナダのTikTokユーザー@zachthefishermanがシェアしたものだ。彼は普段、釣った魚の映像をシェアしている。

動画には、桟橋のようなところで数人が楽しそうに談笑しながら水中のアザラシを観賞する様子が映されている。すると突然カワウソが現れ、強力なあごで水面のカモメを素早く捕らえる。瞬く間に水中へと引きずり込み、そのまま泳ぎ去っていった。

@zachthefisherman

When otters attack #fyp #otter #seagull #seal #nature

Jaws - Main Theme - M.S. Art

この投稿は、公開して1週間で60万以上の再生回数を記録。

ザリガニやカエルも食べる

カワウソは魚だけでなく、小型哺乳類も食べる肉食動物だ。

Mammal.orgによると、鳥がカワウソの餌になるのは珍しいことではなく、不自然ではないという。

「カワウソは魚、特にウナギやサケ科の魚を食べ、特定の時期にはザリガニを食べることもある。またネッタイバンやカモなどの水鳥を捕獲することも。春にはカエルが重要な食料となる」

そうは言っても、この映像に対するユーザーの反応は驚きと恐怖に溢れたものとなっている。

「どうして私はカワウソが草食、もしくは小さな魚しか食べないものと思っていたんだろう」

「このTikTokはM・ナイト(シャマラン)が監督したんだよ」

「カワウソは悪魔だけど、ちょっとかわいい」

他方で、撮影しながら愉快そうに笑う撮影者に興味を持つユーザーも。

「カモメの殺害を目撃した後の、なんとも不気味でカジュアルな笑い声...」

投稿主は映像での自らの振る舞いについて、TikTok上で次のようにコメントしている。

「僕は本当に鳥が嫌いなんだ」

これに対し、一部の釣り人と思われるユーザーから賛同のコメントも寄せられている。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

来年の米成長見通しを引き下げ、ゴールドマンが変異株

ワールド

米高官「イランが譲歩撤回」と見解、核合意協議に暗雲

ワールド

インドネシアのジャワ島東部で噴火、13人死亡・90

ワールド

米ロ首脳が7日に会談、緊迫のウクライナ情勢協議へ

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 9

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月