最新記事

BOOKS

日本の覚醒剤の3割は、米軍の横流し?北朝鮮から直行便?──驚きの証言

2021年11月25日(木)12時45分
印南敦史(作家、書評家)
『覚醒剤アンダーグラウンド』

Newsweek Japan

<密輸ではなく、堂々と日本に「輸入」されているらしい。にわかには信じられない話が次々と明かされていく『覚醒剤アンダーグラウンド』>

ベストセラーとなった『売春島――「最後の桃源郷」渡鹿野島ルポ』(彩図社)の著者が、どうやら覚醒剤の世界の裏事情に関心を抱いているらしいと感じたのは、今から数年前のことだ。

だがその時点で想像していたのは、覚醒剤の密売人や使用者に話を聞くというような、ローカルなレベルのものだった。なにしろ"そこから先"のことに近づくことなど、そう簡単にできるはずがないのだから。

ところが、数年を経てお目見えした『覚醒剤アンダーグラウンド――日本の覚醒剤流通の全てを知り尽くした男』(高木瑞穂・著、彩図社)を読んで驚いた。ローカルな売人どころか、著者はその奥の奥まで潜り込んでいたからである。

日本における覚醒剤の蔓延については「第一次覚醒剤禍(1945年~)」「第二次覚醒剤禍(1970年~)」「第三次覚醒剤禍(1995年~)」の3つに大別されるという。

「第一次覚醒剤禍」は、第二次世界大戦中に眠気を除去し集中力を高めるという理由でヒロポンが日本軍に用いられたことが発端だ。その中毒者が終戦直後、混乱した社会情勢の中で濫用したわけである。

それは多少なりとも知られていることではあったが、問題はその先の、すなわち「第二次覚醒剤禍」以降。著者は本書において、これまで明かされることがなかったその部分に切り込んでいるのである。


 韓国から大使館員に密輸させて「第二次覚醒剤禍」を生み出し、後にフィリピンルートを開拓した重要人物は、僕の身近に潜んでいた。「第三次覚醒剤禍」の背景を求めて大物仲卸人、タイルートを知る人物、米軍関係者、税関職員、警察やマトリなどの捜査関係者たちにも接触した。
 それは驚きの連続だった。取材を重ねると、覚醒剤のアンダーグラウンドがベールを脱いだ。(「プロローグ」より)

取材は2016年秋、和久井寅夫(70代、仮名)というヤクザに話を聞くところからスタートする。共通の知人から「かつては関東有力組織の大幹部の金主だった」と紹介されたという人物。いつしか著者は気に入られ、定期的に会っては話を聞くようになっていった。

和久井によれば、麻薬は国家戦略のひとつだった。各情報機関が現地の人間を雇う際、お金の代わりに麻薬を渡したというのだ。麻薬が国際通貨として機能していたわけで、例えば中国の現地人にとっては日本のお金など何の価値もなかったため、貴金属、美術品、麻薬で支払われた。

ところで、もともと日本と韓国にあったヒロポンの製造工場は、戦後には韓国だけになったという。その後、ヒロポンは覚せい剤取締法によって沈静化するが、以後再び、今度は覚醒剤として大流行することになる。驚くべきは、それに関する和久井の発言だ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

来年の米成長見通しを引き下げ、ゴールドマンが変異株

ワールド

米高官「イランが譲歩撤回」と見解、核合意協議に暗雲

ワールド

インドネシアのジャワ島東部で噴火、13人死亡・90

ワールド

米ロ首脳が7日に会談、緊迫のウクライナ情勢協議へ

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 9

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月