最新記事

アメリカ社会

3年で33人が殺された刑務所がアメリカに。改善の兆しもなし

DOJ Says Alabama Has Not Fixed Its Prisons, 33 Inmates Died in Last 3 Years

2021年11月25日(木)20時34分
ケイティー・ワーマス
刑務所イメージ

2021年第1四半期の時点でアラバマ州刑務所の欠員率は50%を超えていた JANIFEST-iStock

<これぞブタ箱! 環境が劣悪で憲法違反の状態にあるとして司法省は2年超前に同州を提訴しているのだが>

米アラバマ州の刑務所では、過密状態や人手不足のために過去3年間で33人の受刑者が殺されているにもかかわらず、いまだに状況が改善されていないと米司法省が指摘した。AP通信が報じた。

司法省は2年以上前に、アラバマ州の刑務所の環境があまりに劣悪で憲法違反の状態にあるとして、同州を提訴。その後、連邦判事から申し立ての内容をより具体的に述べるよう命じられたことを受けて、11月19日に訴状の内容を更新した。

それによれば、アラバマ州の刑務所では2018年から2020年の間に、少なくとも33人の受刑者が殺害されていた。司法省はさらに、2021年に入ってから7人が、刃物で刺されるか窒息させられるかして殺害されたと述べている。

司法省の当局者たちは、同州内の刑務所では依然として暴力が多発しており、刑務所はどこも「過密状態で、危険なほどの人手不足」状態にあると指摘した。アラバマ州は提訴を受けて、州内の刑務所に問題があることは認めているが、刑務所の環境が憲法違反の状態にあるという申し立てについては否認している。

訴状の中で司法省は次のように述べた。「国がアラバマ州に対して、同州の男性刑務所の被収容者が置かれている状況について、憲法違反の通知を行ってから2年半になる。しかし被収容者たちはその間も、ほかの被収容者によって死に至らしめられたり、物理的な暴力を受けたり、性的虐待を受けたりする高いリスクに耐え続けてきた」

以下にAP通信の報道を引用する。

2021年も少なくとも10件の「殺人疑い」か

米司法省は、アラバマ州の刑務所環境があまりに劣悪だと指摘。残酷あるいは異常な刑罰を禁止している米合衆国憲法に違反しており、州当局者がこの状況を意図的に無視しているとして提訴した。

司法省の月例報告書では、2021年に入って同州の刑務所内で殺人行為は報告されていないが、「メディアや被収容者の権利を擁護する人々の報告によれば」、2021年に入ってから受刑者が別の受刑者を殺害する事件が、少なくとも10件起きていると当局者たちは訴状で述べた。刑務所制度では、捜査中の死亡事例については、報告書の数字には含まれない。

ドナルドソン刑務所では、53歳の受刑者が首を絞められて死亡。この受刑者については、別の受刑者が彼を「殺す」よう命じていたとして、本人が怯えていたことを示すメモが見つかったということだ。

AP通信は9月に、殺人の可能性があるとして捜査中の受刑者の死亡事例が何件あるのか、司法省に記録の開示を求めた。司法省からは11月2日に回答があり、「どの死亡事例の捜査についても『殺人の可能性がある事例』という分類は行っていないため、情報は提供できない」とのことだった。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

来年の米成長見通しを引き下げ、ゴールドマンが変異株

ワールド

米高官「イランが譲歩撤回」と見解、核合意協議に暗雲

ワールド

インドネシアのジャワ島東部で噴火、13人死亡・90

ワールド

米ロ首脳が7日に会談、緊迫のウクライナ情勢協議へ

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 6

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月