最新記事

食育

アメリカの子どもの約4割が「ホットドックは植物性食品」だと思っている

2021年11月25日(木)18時50分
松岡由希子

アメリカの子どもの約4割が「ホットドッグやハンバーガー、ベーコンは植物性食品である」と思っていた LightFieldStudios-iStock

<米ファーマン大学の研究チームは、米国南東部の都市部に居住する4~7歳の子どもを対象に調査し、子どもの約4割が「ホットドッグやハンバーガー、ベーコンは植物性食品である」と思い違いしていることが明らかになった>

米国の子どもの約4割が「ホットドッグやハンバーガー、ベーコンは植物性食品である」と思い違いしていることが明らかとなった。一連の調査結果は2021年10月9日に学術雑誌「ジャーナル・オブ・エンバイロメンタルサイコロジー」で発表されている。

フライドポテトを46%が動物性食品に分類

米ファーマン大学の研究チームは、米国南東部の都市部に居住する4~7歳の子ども176人を対象に調査を実施。被験者の平均年齢は5.8歳で、47%が女児であった。

まず、チーズやチキンナゲット、フライドポテト、ニンジンなど、子供たちになじみのある食品が描かれた13枚の絵を見せ、それぞれ植物性食品と動物性食品に分類させた。

その結果、ホットドッグを植物性食品に分類した被験者の割合は39.7%であった。同様に、40.9%がベーコン、44.3%がチーズ、36.3%がハンバーガーを植物性食品に分類した。

また、フライドポテトを動物性食品に分類した割合は46.5%。同様に、35.2%がポップコーン、31.8%がアーモンドを動物性食品に分類している。

多くの子どもたちは、原料が肉であることを知らず消費

さらに、牛、ブタ、ニワトリ、魚といった食料源となる動物や、イヌ、ネコ、馬、サル、泥、砂など、14枚の絵を見せて、食べられるものと食べられないものとに分類させた。

その結果、牛を食べられないものに分類した被験者の割合は76.7%にのぼった。73.3%がブタ、65.91%がニワトリを食べられないものに分類している。

研究チームは、これらの調査結果をふまえ、「動物性食品の消費を正当化するために論理武装する大人と異なり、子供たちは無邪気に肉を食べている」と指摘。多くの子どもたちは、その原料が肉であることを知らずに動物性食品を消費している。

「環境に配慮した食生活を習慣化するうえで好機」

研究チームは、環境に配慮した食生活を習慣化するうえで、むしろこれを好機とみる。「中年期以降よりも幼年期のほうが、菜食中心の食生活を容易に身につけやすいのではないか」と考察。「若者の環境活動は家庭の食卓から始まる。アニマルウェルフェア(動物福祉)に反する食品の摂取を控えることで、子供たちは環境に対する道徳的な見識に沿って行動するようになるだろう。また、子どもたちの食行動が親世代に影響をもたらすかもしれない」と述べている。


今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

来年の米成長見通しを引き下げ、ゴールドマンが変異株

ワールド

米高官「イランが譲歩撤回」と見解、核合意協議に暗雲

ワールド

インドネシアのジャワ島東部で噴火、13人死亡・90

ワールド

米ロ首脳が7日に会談、緊迫のウクライナ情勢協議へ

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 6

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月