最新記事

動物

【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

2021年11月5日(金)18時10分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
トリニダード・シェブロン・タランチュラ

愛好家の間では人気のトリニダード・シェブロン・タランチュラ(写真はイメージです) By Micha L. Rieser

<「信じられない」「恐ろしい」「神父を呼んだほうがいい」──TikTokユーザーを震撼させる巨大なクモ>

※クモ嫌いの方はご注意を。

TikTokで恐ろしい動画が話題になっている。トリニダード・トバゴのある住宅で撮影された巨大なクモの映像は、(11月5日時点で)200万件以上の「いいね!」を獲得するなど視聴者を震撼させている。

@noobmanbanton

original sound - Noobman

このビデオは、TikTokユーザーの@noobmanbantonが10月27日に投稿したものだ。21秒の短い映像には、まず住宅内部の壁が映し出される。天井付近で巨大なクモが足を動かし、這い始める。映像には大きさの参考になるものがほとんどないが、体長約30センチはあるように見える。

「気難しく、攻撃的」で大食漢

@Ravilall3いわく「トリニダード・シェブロン・タランチュラ」ではないかという。コメントによれば、この種は珍しいものではなく、映像のものよりもさらに大きくなることもあるという。

撮影されたクモの種類について定かではないが、このコメントの説は有力なようだ。トリニダード・シェブロン・タランチュラはその名が示すように、トリニダード・トバゴの島々に生息する。

ウェブサイト「タランチュラ・フレンドリー」によると、この種のタランチュラは「その美しい模様で容易に見分けることができる」という。「濃い緑、灰色、または暗褐色の地肌、複数のシェブロン模様がある腹部、体全体を覆う明るい色の毛」であることが多い。

樹上に生息するこのクモは「気難しく、攻撃的」として知られる。コオロギ、ミールワーム、ゴキブリなどを好む大食漢でもある。オスの寿命は約4年、メスの寿命は約12年と非常に長い。

​​タランチュラ愛好家の間では、ペットとして飼われることもある。しかし、攻撃的な性格で取り扱いが難しいため、初心者にはお勧めできない。

ともかく、視聴者はこの巨大な生物に大いに驚かされたようだ。動画には13万件以上のコメントが寄せられており、その多くが「信じられない」「恐ろしい」と漏らしている。

クモのことを「悪魔」と呼び、投稿者に「神父を呼んだほうがいい」とアドバイスを送るユーザーもいた。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

来年の米成長見通しを引き下げ、ゴールドマンが変異株

ワールド

米高官「イランが譲歩撤回」と見解、核合意協議に暗雲

ワールド

インドネシアのジャワ島東部で噴火、13人死亡・90

ワールド

米ロ首脳が7日に会談、緊迫のウクライナ情勢協議へ

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 9

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月