最新記事

動物

「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょん跳ぶ子猫に動物好き悶絶

2021年11月11日(木)19時55分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
ウサギと子猫

自分はウサギだと思っている?(写真はイメージです) Voren1-iStock

<「私は2羽のウサギを見ている」「涙が出そう」──TikTokユーザーを悶えさせた子猫>

ウサギの真似をする子猫の映像が、TikTok上の猫好きの間で話題になっている。この映像は、飼い主のp_malinaによって投稿されたものだ。

子猫は最初、友達であるウサギの動きを注意深く観察している。ぴょんぴょん移動するウサギを見て、自身も同じように跳躍する。子猫のジャンプは1回にとどまらず、何度もうさぎの後に続いて跳ぶ姿を披露している。

@p_malina #animals #cat #rabbit #loveanimals #foryou #foryoupage #fyp #xyzbca #trending #trend ♬ meet me at our spot by willow smith and tyler cole - The Favourites.

この動画は動物好きの間で大いにウケて、TikTokでは(11月11日時点で)400万以上の「いいね!」と5万件以上のコメントが寄せられている。

「私は2羽のウサギを見ている」

「涙が出そう」

「可愛すぎて死にそう」

なかには「彼は本物のコピーキャット(模倣者)だ」というジョークも。

想像以上に真似が得意?

研究者たちは、飼い主が思っている以上に、猫が真似することに長けていることを発見した。

2020年9月に学術誌「Animal Cognition」で発表されたエトヴェシュ・ロランド大学(ブダペスト)の動物行動学者クラウディア・フガッツァ氏と日本のドッグトレーナー檜垣史氏の研究では、檜垣氏の愛猫エビスにさまざまな動きをして見せた。そして「Do it」と口頭で命令する。

エビスは "Do it"が「真似してみて」という意味であることを理解し、「寝転ぶ」「くるくる回る」「引き出しを開ける」といったおなじみの動きから、今までやったことのないさまざまな動作まで真似ることができた。16回の実験のうち、エビスは8割の確率で真似をして見せたという。

次にTikTokで人気者になる猫は何の真似をしてくれるのだろうか。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

来年の米成長見通しを引き下げ、ゴールドマンが変異株

ワールド

米高官「イランが譲歩撤回」と見解、核合意協議に暗雲

ワールド

インドネシアのジャワ島東部で噴火、13人死亡・90

ワールド

米ロ首脳が7日に会談、緊迫のウクライナ情勢協議へ

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 9

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月