最新記事

動物

セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠かさず?

2021年11月19日(金)17時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
クマとセブンイレブン

@fmunna83pk/TikTok

<入り口ドアを開けた珍客は、アルコール消毒液をプッシュして...>

米カリフォルニア州タホ湖畔のセブンイレブンにクマが「来店」した。

TikTokユーザーのファヌ(@fmunna83pk)が投稿した動画は、公開後わずか1日の間に500万回以上再生された。

映像は「ピンポーン」というコンビニの入店音から始まる。突然の珍客に女性店員は「止まれ」「出て行け」と叫ぶしかない。入り口ドアを開けたクマは、近くにあったアルコール消毒スタンドに鼻先で触れる。噴射された消毒液は惜しくも顔や手には当たらなかったが、この行動にコメント欄は「新型コロナウイルス感染症対策に従っている」など大喜利状態に。

タホ湖の近くにあるスコーバレー・スキーリゾートは、クマに遭遇したときに手を叩く、笛を吹く、(たとえ音痴だったとしても)歌うなどして音を立てることを推奨している。

「クマに背を向けたり、目を合わせてはいけない。走って逃げるのは、もってのほか。大きな声で落ち着いて話し、クマに自分の存在を認識させ、移動する時間を与える。万が一、クマが近づいてきたときは手を広げたり、大きな声を出すことで自分を大きく見せることが重要だ」

「常習犯」ではない?

米国農務省は、ゴミ箱を含め、クマに見つかる場所に食べ物を置かないことを推奨している。「人間の住む場所には食料がある」と連想されるのを防ぐためだ。

多くのユーザーが指摘するように、このクマの耳には黄色いタグを付いており、常習犯ではないかと疑われている。場所によっては、問題を起こしたクマの耳にレンジャーがタグを付けて記録していることがある。しかし、このクマの場合はそうではないかもしれない。

タホ湖地区では、カリフォルニア州魚類野生生物局がカリフォルニア州立公園や米国森林局と協力してクマを捕獲し、DNAをデータベースに登録している。タグを付けて自然に戻す際には、大人数で手を叩いたり、ラッパを鳴らすことで人間に対する恐怖心を覚えさせ、人里に近づかないようにする。

今回コンビニエンスストアにやってきたクマはその後、冷凍庫を物色しようと試みるも最終的には諦めたようだ。

この事件について、セブンイレブンの公式アカウントもコメントしている。

「彼はブルー・ラズ"ベア"リー・スラーピーが飲みたかったのだ」

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

来年の米成長見通しを引き下げ、ゴールドマンが変異株

ワールド

米高官「イランが譲歩撤回」と見解、核合意協議に暗雲

ワールド

インドネシアのジャワ島東部で噴火、13人死亡・90

ワールド

米ロ首脳が7日に会談、緊迫のウクライナ情勢協議へ

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 6

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月