最新記事

日本社会

視覚障がい者の私がパラのボランティアで開いた共生社会への扉

2021年11月24日(水)11時30分
※TOKYO UPDATESより転載
東京五輪2020のボランティアメンバー

東京2020大会のボランティアを務めた工藤滋氏(中央)と仲間たち

<厳しい状況下での開催でありながら、いくつもの感動と記録を生んだ東京2020大会。この歴史的な大会は、障がいのある人もない人も分け隔てなく暮らせる共生社会の実現に向けた、大きな前進にもなった>

コロナ禍の大会を支えたボランティアたち

新型コロナウイルスの世界的流行という未曾有の事態のもとで開催された東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会。多くの熱戦が繰り広げられたその裏で、選手たちを支えたのは、19歳から91歳まで延べ7万6000人を超える大会ボランティアだった。

「多様性と調和」をビジョンのひとつに掲げた今大会では、障がいのある人も数多くボランティアとして参加した。筑波大学附属視覚特別支援学校で鍼灸手技療法科の教諭を務める工藤滋氏もその一人。

視覚に障がいのある工藤氏は、東京アクアティクスセンターで行われたパラ競泳でのボランティア活動にあたった。活動は主に3つ。レース開始を伝えるボードを掲げることと、座席や手すりの消毒作業、そして、競技後の選手たちの見送りだ。

そのうち、期間中に毎回行っていたのが「静かに/Quiet, Please」のボードを掲げる活動。選手は、雑音があるとスタートの音が聞こえにくかったり、集中力が散ったりすることがある。そのため、ボランティアがボードを頭上に掲げ、会場にいる関係者やスタッフに静かにするよう促すのだ。

tokyoupdates211124_3.jpg

「静かに/Quiet, Please」のボードを掲げる工藤氏(左)

TOKYO2020に参加したから出会えた友人たち

こうしたボランティア活動は、健常者を含む2~3名のチームに分かれて行われた。メンバーは毎回変わり、ほとんどの人が障がい者の誘導やサポートははじめてだったそうだが、すぐに慣れて丁寧に対応してくれたこともいい思い出だと、工藤氏は振り返る。

一番の思い出は、最終日にメンバーの女性から丸いシールをひとつひとつ貼り付けて作った点字のメッセージカードをもらったこと。彼女と同じチームになったのは1日だけだったが、その後、独学で点字を学び、「一緒に歩んできた仲間との出会いは宝物。ありがとう」という内容のメッセージを渡してくれたのだ。

「点字の細かいルールもきちんと守っていて、とても正確な文章でした。点字機を使って書いたメッセージをもらうことはあるけど、手作りのカードはほとんどありません。たった1日で点字のルールをマスターして心を込めて作ってくれたことが、すごくうれしかったです」

メンバーとは連絡先も交換し、近況報告をし合うことが今後の楽しみだと笑顔を見せる。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

来年の米成長見通しを引き下げ、ゴールドマンが変異株

ワールド

米高官「イランが譲歩撤回」と見解、核合意協議に暗雲

ワールド

インドネシアのジャワ島東部で噴火、13人死亡・90

ワールド

米ロ首脳が7日に会談、緊迫のウクライナ情勢協議へ

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 9

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月