最新記事

動物

初体験の雪遊びに子グマが大はしゃぎ 転げ回って、飛び跳ねて

2021年11月25日(木)20時45分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
雪とクマ

写真はイメージです mauribo-iStock

<雪の中で転げ回り、飛び跳ね、全身で喜びを表現する──そんなクマの舞をフィンランドからお届けする>

赤ちゃんがケーキを一口頬張ったり、子犬が新しい芸を覚えるなど、子供の「生まれて初めて」を見守っているときほど至福の時間はない。

そうは言っても、子クマが初めて雪遊びをする光景を見たことがあるという人は稀だろう。そんな珍しい動画がフィンランドで撮影された。

動画は飼育員のパシ・ヤンティによって先月投稿されたもので、「クーサモ・プレデター・センター」のスロ・カルヤライネン(「ベアーマン」と呼ばれている)と戯れている様子が分かる。

アイナと名付けられたこのクマは、5月に民家の庭で孤児として発見されたとヤンティは語っている。当初1.3キロほどしかなかった体重が、今では30キロ近くに増えたという。

動画によれば、フィンランドでは初雪が降った後には雪遊びを楽しむことが多いそうだ。

アイナは雪の中を転げ回り、飛び跳ね、全身で喜びを表現しているように見える。ふさふさした毛の先にくっついた白い雪がほほ笑ましい。途中、カルヤライネンが一緒に飲もうとコーヒーを差し出すシーンも。

センターは一般にも開放

カルヤライネンは1990年代前半にクーサモ・プレデター・センターを開設。当初はクマの保護を目的としていたが、現在はオオヤマネコやキツネ、ウルフドッグなどの保護も行っている。センターは一般に開放されており、動物を間近に見ることもできる。

フィンランド政府観光局のユーチューブチャンネル「ビジット・フィンランド」では、普通の人なら怖がるような動物たちと交流する彼の姿を特集している。

「動物との間にも友情は築ける」

2013年に公開されたこの動画の中で、カルヤライネンはそう語っている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

来年の米成長見通しを引き下げ、ゴールドマンが変異株

ワールド

米高官「イランが譲歩撤回」と見解、核合意協議に暗雲

ワールド

インドネシアのジャワ島東部で噴火、13人死亡・90

ワールド

米ロ首脳が7日に会談、緊迫のウクライナ情勢協議へ

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 9

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月