最新記事

ハリウッド

A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった疑惑

Alec Baldwin Accused of 'Acting' in Interview Remarks About 'Rust' Shooting

2021年12月4日(土)11時43分
エマ・ノーラン
アレック・ボールドウィン

今までで最も真に迫った演技をした?ボールドウィン(写真は2013年) Lucy Nicholson-REUTERS

<事件後初のテレビインタビューで、ボールドウィンの悲嘆ぶりがあまりに大袈裟で「演技」にも見えてしまう上、銃の「引き金は引いていない」と言い出した>

映画『Rust』の撮影中に、小道具の銃でスタッフ2人が死傷した問題で、俳優アレック・ボールドウィンが事件後初めて応じたテレビのインタビューが「演技」ではないか、と批判を浴びている。

ボールドウィンは米ABCニュースのジョージ・ステファノポロスのインタビューに応じ、自分が発砲した小道具の銃により、撮影監督のハリナ・ハッチンス(42)が死亡した事故について語った。これがツイッター上で広くシェアされ、議論を呼んでいる。

ボールドウィンはその中で、ハッチンスの命を奪った銃について、自分は引き金を引いていないとステファノポロスに語っている。

「引き金は引かれなかった。私は引き金を引いていない。私が誰かに銃口を向けたり、誰かに向けて引き金を引いたりすることはない。そんなことは絶対にしない」とボールドウィンは語った。


彼はまた、なぜ小道具の銃に実弾が装填されたのかということや、なぜ実弾が撮影現場にあったのかについては「まったく分からない」と述べた。

「誰かが銃に実弾を込めた。そもそも実弾が撮影現場にあるはずはなかった」

映画の予告編さながらの動画に「演技だ」と批判

ボールドウィンは、つらそうに事件を振り返った。ステファノポロスから、今回の事件はこれまでで最悪の経験だったかと問われると、彼はこう答えた。「そう思う。改めて考えてみても、自分に一体何ができたのかが分からないからだ」

ボールドウィンは両手で頭を抱え、「今でも信じられない。現実だとは思えないんだ」と続けた。ステファノポロスから、この現実とどうやって折り合いをつけるのか」と問われ、涙をぬぐう場面もあった。

憔悴しきったボールドウィンの様子に、ソーシャルメディア上では「これは演技だ」という批判の声があがった。

保守派の執筆家ニック・アダムズは、「アレック・ボールドウィンは、ジョージ・ステファノポロスを相手に大芝居を打った」とツイートした。


ゲーム動画のストリーマー(配信者)であるライアン・「グーテックス」・グティエレスは、問題のインタビューの中でボールドウィンは「これまでで最も物議を醸す役を演じた。引き金を引かなかったふりをしたのだ」と投稿した。


また別の人物は、次のようにツイートした。「ジョージ・ステファノポロス相手のインタビューは、アレック・ボールドウィンのこれまでで最高の演技だったかもしれない」

だが、その「演技」でボールドウィンが何かを隠そうとしたのか、あるいは何を達成しようとしたのかは明らかでない。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:オミクロンでも集団免疫は困難か、「変異」

ワールド

アングル:欧州でインフル復活の兆し、「ツインデミッ

ビジネス

米GM、ミシガン州のEV工場に65億ドル超投資へ=

ビジネス

米政権の経済課題は「現代のサプライサイド経済学」=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 3

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 4

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 5

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 6

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 7

    今も自然界と人体に「発がん物質」を残す、モンサン…

  • 8

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 9

    「非常に珍しい」双子のアフリカゾウが見つかる

  • 10

    オタク活動に注意? 芸能人を好きになり過ぎると「知…

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 5

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 6

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 7

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 8

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 9

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 10

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 8

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 9

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月