最新記事

新型コロナウイルス

研究のため「コロナ感染」してくれれば「報酬」払います...あなたは協力する?

Would You Get COVID If You Got Paid? This Study Is Seeking Virus Volunteers

2022年1月29日(土)16時06分
ドーン・ゲスク
新型コロナウイルス研究

写真はイメージ janiecbros-iStock

<英研究チームは、意図的にコロナ感染を起こして免疫の反応を見ることで、将来的なワクチン開発の期間短縮と機能向上につなげられるとする>

英オックスフォード大学の研究チームは、感染またはワクチン接種によって新型コロナウイルスに暴露されたことがある人を対象に、ウイルスがもたらす影響について研究を進めている。そのため、調査に協力してくれる人には多額の謝礼を払うという。

研究チームが求めているのは、新型コロナの病原体に意図的にさらされるボランティア。もちろん感染することによるリスクはあるが、人体の免疫がどういう反応を示すのかを研究するために必要であり、ワクチンの改善に役立つことが期待されると、研究者たちは主張している。

オックスフォード大学のワクチン学教授で、この研究の主任研究員を務めるヘレン・マクシェーンは「この臨床試験の目的は、健康な人がウイルスにさらされたとき、感染を防ぐために体内で抗体とT細胞がどの程度の免疫応答を起こすかを調べることだ」と述べている。

21年4月に開始されたこの研究では、症状が軽度もしくは無症状の感染を起こす少量のウイルスで、参加者の50%を感染させた。

この研究が、18~30歳の若くて健康な成人を対象に第二段階に入っている。すべての参加者に同量のウイルスを鼻から投与し、全員を感染させるという。この研究により、免疫応答が生じるのに必要となる最少のウイルス量を割り出そうというのだ。

「ワクチンは今後も改良し続けなければ」

「過去2年間で我々はCOVIDについて多くのことを学んだが、新たな変異株の出現は、ワクチンを今後も改良し続けなければならないのだろうということを意味している」と、マクシェーンは言う。「ワクチンによって誘発できる必要な免疫応答のレベルが分かれば、将来的なワクチン開発の時間を大幅に短縮し、効果も大幅に高められるはずだ」

なお、この研究では中国・武漢から送られたオリジナルの新型コロナウイルスが使用されている。

ボランティアとして研究に参加するためには、研究チームの管理下で最低17日間の隔離生活を、研究用に準備された病院の特別室で過ごさなければならない。そこでは、肺のCTスキャンや心臓のMRIを含む、一連の医療検査を受けることになる。

感染によって症状が出た場合は、米製薬大手「リジェネロン」のモノクローナル抗体「ロナプリーブ」による治療が施されることになっている。研究は12カ月間続き、退院後も追跡調査のため最低5回の診断を受ける必要がある。

このすべてに協力すれば、最低4995ポンド(約77万円)が支払われるという。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシア、フィンランドへのガス供給を停止 ルーブル払

ワールド

中国が東シナ海に新たな構造物、極めて遺憾で認められ

ワールド

欧州でサル痘拡大、100人超感染か WHO20日に

ビジネス

アングル:多様化進む米FRB、地区連銀が先行 課題

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、勝手に乗り回していた意外な人物

  • 2

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカを見れば分かる

  • 3

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメが食い荒らす

  • 4

    ついにロシアを見限った、かつての「衛星国」たち

  • 5

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 6

    ロシア軍、マリウポリ制覇しても損害は甚大 「大規模…

  • 7

    ロシア、ウクライナへ新型レーザー兵器投入 数キロ先…

  • 8

    ベトナムと韓国の歴史問題「棚上げ」の思惑はなぜ一…

  • 9

    ついにロシア国営TV「わが軍は苦戦」、プロパガンダ…

  • 10

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 3

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプチューン」が戦局を変えた

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 6

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 7

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 8

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 9

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 10

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 6

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月