注目のキーワード

アート

ニューズウィーク日本版『アート』に関する記事一覧

NFTにオークション大手が続々参入 「変化するアート」今後の課題は
アート

NFTにオークション大手が続々参入 「変化するアート」今後の課題は

約240年前、レンブラントやルーベンスの傑作をエカテリーナ2世に売ったジェームズ・クリスティーは、自...

2021.11.15
        
AI鑑定はアート界の救世主か? ルーベンス作品の真贋論争から考える
サイエンス・ナビゲーター 茜 灯里

AI鑑定はアート界の救世主か? ルーベンス作品の真贋論争から考える

<ルーベンス作とされてきた英ナショナル・ギャラリーの「サムソンとデリラ」をAIで分析したところ、「9...

2021.10.26
世界で最も価値のある絵画を悪名高い贋作作家がNFTで販売 NFTバブルの行方は?
NFT

世界で最も価値のある絵画を悪名高い贋作作家がNFTで販売 NFTバブルの行方は?

<ニセモノの名画のNFT、そして100%本物だと言い切れないその原作。それぞれ、価値の実態や保管に不...

2021.10.12
創造性が爆発する黄金期「ホットストリーク」、才能開花の鍵は2つの習慣だった
能力

創造性が爆発する黄金期「ホットストリーク」、才能開花の鍵は2つの習慣だった

<才能のピークが続く期間は俗にホットストリークと呼ばれる。迎えるには、ちょっとしたコツがあるという>...

2021.09.30
ニルヴァーナの「全裸赤ちゃん」が児童ポルノなら、キリストの裸もアウト?
米社会

ニルヴァーナの「全裸赤ちゃん」が児童ポルノなら、キリストの裸もアウト?

<ニルヴァーナ伝説のアルバム『ネヴァーマインド』のジャケット写真をめぐる児童ポルノ論争に、この30年...

2021.09.10
クレディ・スイス、中国人アーティスト艾未未の口座を閉鎖 原因は過去の拘束歴かスイス国民批判か
アート

クレディ・スイス、中国人アーティスト艾未未の口座を閉鎖 原因は過去の拘束歴かスイス国民批判か

中国政府に批判的な活動で知られる同国の現代芸術家、艾未未(アイ・ウェイウェイ)氏は、スイスの金融大手...

2021.09.08
オークションで「至宝」を見抜き、競り勝つために必要なもの
海外ノンフィクションの世界

オークションで「至宝」を見抜き、競り勝つために必要なもの

<ヘミングウェイの書簡、ナポレオンの死亡報告書、エディソンの試作品......。なぜ次々と大発見がで...

2021.09.07
環境破壊への警鐘を鳴らし、見る人の心を揺さぶるアート作品たち
アート

環境破壊への警鐘を鳴らし、見る人の心を揺さぶるアート作品たち

<立ち枯れた木々、海中に沈む彫刻の森、ボートから眺める作品群など。芸術の力で人々に行動を呼びかける9...

2021.09.03
日本で「食えている画家」は30~50人だけ 完売画家が考える芸術界の問題点
美術

日本で「食えている画家」は30~50人だけ 完売画家が考える芸術界の問題点

<15年以上のキャリアの中で描いた約700枚の絵を完売させ、その作風は唯一無二と評される洋画家の中島...

2021.09.02
大谷翔平はなぜいつも楽しそうなのか...自らを「開花」させる86の言葉、ほか【各出版社イチオシ4冊】
BOOKS

大谷翔平はなぜいつも楽しそうなのか...自らを「開花」させる86の言葉、ほか【各出版社イチオシ4冊】

<『東京藝大で教わる西洋美術の見かた』『大谷翔平86のメッセージ』『教養としての地理』......各...

2021.08.24

人気ランキング

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice