注目のキーワード

イギリス

ニューズウィーク日本版『イギリス』に関する記事一覧

キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? 英王室ファンが熱い論争
英王室

キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? 英王室ファンが熱い論争

<ファッションアイコンとしても知られる英キャサリン妃だが、最近のお出かけファッションが過去のメーガン...

2022.01.22
        
「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミクロン株をまん延させたイギリスの違い
欧州インサイドReport 木村正人

「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミクロン株をまん延させたイギリスの違い

[ロンドン発]世界保健機関(WHO)の新型コロナウイルス緊急委員会は19日、感染力が極めて強くワクチ...

2022.01.21
中国で放送禁止に 英ドラマ『2034 今そこにある未来』で描かれる、限りなくリアルなディストピア
ドラマ

中国で放送禁止に 英ドラマ『2034 今そこにある未来』で描かれる、限りなくリアルなディストピア

<ウクライナからの大量難民、IQの低い国民の選挙権を剥奪──EU離脱後15年間の英社会に起こり得る出...

2022.01.19
英与党の若手議員20人、ジョンソン首相の不信任投票求める書簡提出へ
イギリス

英与党の若手議員20人、ジョンソン首相の不信任投票求める書簡提出へ

英保守党の最大20人の新人議員は、ジョンソン首相に対する不信任投票を求める書簡を19日に提出する予定...

2022.01.19
        
コロナ規制の最中も続いた英首相官邸の「飲み文化」
欧州インサイドReport 木村正人

コロナ規制の最中も続いた英首相官邸の「飲み文化」

<スーツケース持参のスタッフがスーパーでビールやワインを大量購入。「政界の道化師」と呼ばれ嘘とハッタ...

2022.01.15
英情報機関MI-5「中国共産党が女性スパイ使い議員らに影響力」
スパイ

英情報機関MI-5「中国共産党が女性スパイ使い議員らに影響力」

英情報局保安部(MI5)は13日、中国共産党が英議員への不適切な影響力行使を狙い、代理人の女性を雇っ...

2022.01.14
1億8000万年前の巨大な「魚竜」の化石が英国で見つかる
海洋生物

1億8000万年前の巨大な「魚竜」の化石が英国で見つかる

<体型はイルカ似だが、体長は約10メートル──巨大な海洋生物の化石が英国で見つかった> イングラン...

2022.01.14
        
中国「中央統戦部」の女スパイが英議会に深く入り込んでいる──MI5が前代未聞の警告
欧州インサイドReport 木村正人

中国「中央統戦部」の女スパイが英議会に深く入り込んでいる──MI5が前代未聞の警告

<女スパイを操っていると考えられるのは、国共合作や孔子学院の世界展開でも知られる中国中央統戦部。これ...

2022.01.14
英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年齢確認に赤面
イギリス

英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年齢確認に赤面

<のどかな田舎町のスーパーで、買い物客を赤面させるちょっとしたアクシデントが発生した> ロンドンか...

2022.01.13
        
ブレア元英首相のナイト爵位に100万人超が剥奪要求する理由
Edge of Europe コリン・ジョイス

ブレア元英首相のナイト爵位に100万人超が剥奪要求する理由

<ブレア元首相がナイトの爵位を受勲したことに、イギリス人の怒りが爆発。少なからぬ実績のある首相経験者...

2022.01.13

人気ランキング

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice