注目のキーワード

ナショナリズム

ニューズウィーク日本版『ナショナリズム』に関する記事一覧

        
国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本人と韓国人
韓国を知る 木村幹

国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本人と韓国人

<新型コロナウイルスのせいで外国選手団が感染源のように見られる異様な五輪の環境下、韓国選手団は本国で...

2021.07.23
軍人の「英雄化」続く中国、批判は違法に
ナショナリズム

軍人の「英雄化」続く中国、批判は違法に

<全人代は、軍や警察、武装警察部隊に対する批判を違法とする法案を可決した> 6月10日、中国の国会...

2021.06.14
        
政府系メディアの愛国編集長の正体は、ただのご都合主義者
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

政府系メディアの愛国編集長の正体は、ただのご都合主義者

<「環球時報」の編集長は「フリスビーをくわえて誇らし気に飼い主の元へ戻る犬」という、ずいぶん失礼なあ...

2020.07.02
        
「陰」のナショナリズムが流行る時──250年の歴史の中で
CIAが視る世界 グレン・カール

「陰」のナショナリズムが流行る時──250年の歴史の中で

<80年代後半、私は日本人ナショナリストから、アメリカ人と日本人が「世界を支配」すべきと言われたこと...

2019.11.18
        
「歴史の悪魔」を蘇らせるのはトランプ米大統領ではなく、世間知らずのマクロン仏大統領かもしれない
欧州インサイドReport 木村正人

「歴史の悪魔」を蘇らせるのはトランプ米大統領ではなく、世間知らずのマクロン仏大統領かもしれない

[ロンドン発]2000万人の兵士や市民が死亡した第一次大戦から100年が経った11月11日、パリの凱...

2018.11.13
ロシアの「賢帝」プーチンに死角あり
ロシア

ロシアの「賢帝」プーチンに死角あり

<皇帝のように振る舞い「強いロシア」を力説するのは、外圧と草の根パワーに対する不安の裏返し> マイ...

2018.01.26
        
日馬富士暴行事件で見えた、日本の相撲ナショナリズム
ユーラシアウォッチ 楊海英

日馬富士暴行事件で見えた、日本の相撲ナショナリズム

<「国技」「神事」の美名に潜む排外主義の陰――南モンゴル出身の日本人が過熱報道に覚悟の物言い> 日...

2017.12.23
中国の若者のナショナリズムは高まっていない──論文
中国政治

中国の若者のナショナリズムは高まっていない──論文

<中国の若者は言われるほどナショナリズムには傾いておらず、むしろ好ましい方向に変化している> 中国...

2017.02.08
保守化する「反北朝鮮」世代
韓国

保守化する「反北朝鮮」世代

 先頃、北朝鮮が実施したという「水爆実験」は「些細な出来事」──韓国の若者の間では、そう受け流す向き...

2016.01.29
スペイン・カタルーニャ州首相が退陣、独立志向の新政権が発足へ
分離独立

スペイン・カタルーニャ州首相が退陣、独立志向の新政権が発足へ

 スペイン・カタルーニャ自治州で10日、州の独立を掲げる新政権が発足することになった。カタルーニャ州...

2016.01.11

人気ランキング

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice