注目のキーワード

保守派

ニューズウィーク日本版『保守派』に関する記事一覧

        
今も大統領選の不正を叫ぶトランプ信者の「陰謀論」拡散は終わらない(パックン)
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

今も大統領選の不正を叫ぶトランプ信者の「陰謀論」拡散は終わらない(パックン)

<昨年の大統領選で不正があったと訴え、各地で再集計を続けるトランプ支持者たち。「中国製の偽用紙」を探...

2021.10.12
米保守派にとってトランプは時代遅れか...支持は次世代の旗手に移行中
米政治

米保守派にとってトランプは時代遅れか...支持は次世代の旗手に移行中

<共和党支持者たちから熱烈に支持されていたトランプだが、直近の調査では「ミニ・トランプ」と称されるデ...

2021.10.05
        
高市早苗氏はなぜ敗北したか―ネット保守の過激すぎる応援がアダに
猫系作家の時事評論 古谷経衡

高市早苗氏はなぜ敗北したか―ネット保守の過激すぎる応援がアダに

<高市氏は一時期、岸田氏を猛追して2位も視野に入ると期待された。それが結局敗れたのは、暴走したネット...

2021.10.01
        
リベラルは何故こんなにも絶望しているのか~「保守」にあって「リベラル」に無いもの
猫系作家の時事評論 古谷経衡

リベラルは何故こんなにも絶望しているのか~「保守」にあって「リベラル」に無いもの

野党支持率が伸びないのは、自民党内にメタ的野党構造があるから 右を見ても左を見ても、テレビ・新聞・...

2021.09.22
        
高市早苗氏の政策・世界観を分析する──「保守」か「右翼」か
猫系作家の時事評論 古谷経衡

高市早苗氏の政策・世界観を分析する──「保守」か「右翼」か

1.稲田氏から高市氏への「交代」 2021年9月8日、自民党総裁選に正式出馬を表明した高市早苗氏が...

2021.09.10
        
中絶した女性や協力者についての密告をたきつける「超保守化」した米最高裁
for WOMAN

中絶した女性や協力者についての密告をたきつける「超保守化」した米最高裁

9月1日、米最高裁は女性の人工妊娠中絶を合憲とする1973年の「ロー対ウェード判決」を初めて、実質的...

2021.09.08
        
保守派に見放された菅政権の1年
猫系作家の時事評論 古谷経衡

保守派に見放された菅政権の1年

<菅政権の失敗は、「安倍路線の継承」を謳っておきながら、保守派が期待する安倍的イデオロギーを全く踏襲...

2021.09.07
「狂信者」アハマディネジャドが、まさかの民主派に転身して復活
イラン

「狂信者」アハマディネジャドが、まさかの民主派に転身して復活

<大統領選への再立候補の失格判定はアハマディネジャドの読みどおり。今やリベラルを自称する策略家の狙い...

2021.06.03
        
LGBT「理解増進」法案断念──なぜ保守派はLGBTに抵抗するのか?
猫系作家の時事評論 古谷経衡

LGBT「理解増進」法案断念──なぜ保守派はLGBTに抵抗するのか?

<LGBTも女系天皇も夫婦別姓も認めない保守派の病的「共同体幻想」は歴史的にも戦中戦後だけのマイノリ...

2021.06.01
        
保守派に大激震──愛知県知事リコール不正署名で田中事務局長ら逮捕の衝撃
猫系作家の時事評論 古谷経衡

保守派に大激震──愛知県知事リコール不正署名で田中事務局長ら逮捕の衝撃

<ゼロ年代から現在までの保守界隈の政治的運動は、さまざまに論議を呼ぶものではあっても民主主義的手続き...

2021.05.21

人気ランキング

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice