コラム

「外国人が日本のトイレを絶賛」と「アフガン情勢」、大事なニュースはどっちだ

2021年09月16日(木)18時09分
石野シャハラン
ニュース

IMAGENAVI/GETTY IMAGES

<海外報道は本当に「自分に関係ない」ニュースなのか。強まるメディアと国民の内向き志向は、国を滅ぼしかねない>

まだネットやスマホが現在のように普及していなかった頃のこと。私はプリペイドカードを購入しては、日本からイランにいる母やノルウェーに住む従姉妹(いとこ)などに電話していた。頻繁に話題に上ったのはそのとき世界で起こっている出来事だ。だが私はいつも「そのニュースは知らない、日本のメディアでは流れていない」と言って、あきれられていた。私だけが別世界に住んでいるようだった。

その頃に比べて今は良い時代になった。無料通話アプリにはニュース欄があるし、グループを作って世界中の情報を交換することもできる。英語はもちろんのこと、私の母国語であるペルシャ語でもニュースを得ることができる。だからもう以前のように母親や親戚に「そのニュースは知らない」と言わなくて済むようになった。

しかし、日本のメディアで流れる海外のニュースは古いと感じることが多い。大抵は既に数日前にペルシャ語で流れたニュースである。また日本のニュースは遅いだけでなく、海外情勢が矮小化されているようにも感じる。アフガニスタン情勢について、多くの国のニュース番組はほとんどの時間を割いて報道しているというのに、日本のテレビメディアではまるで扱いが異なる。

新型コロナウイルスの感染状況がトップニュースになるのは仕方ない。それでも、CNNのアフガニスタンの現地報道から日本のチャンネルに替えると、ペットのかわいい動画や、街角の交通事故の映像(大抵中国なのはどうしてだろう)があふれていて、あまりの落差に啞然とする。日本は世界とは切り離されたパラレルワールドに存在しているかのようだ。

メディアには日本礼賛の情報ばかり

アフガニスタンで活動していた中村哲医師が亡くなったときは、もっと時間を割いて報道していたと記憶している。今回は多くのアフガニスタン人の日本大使館職員らが同国に取り残されているというのに、命の重さが異なるのかと思うくらい、扱いは小さい。情報を集めて分析し報道するより、当たり障りのない形骸化したニュースに逃げていると言わざるを得ない。

逆にメディアが扱うことが増えたのは、日本がいかに海外で称賛されているか、という話題だ。日本の100円ショップが素晴らしい、トイレが素晴らしい、和食が大ウケだ、など、皆さんも日常的に見ているだろう。オリンピック・パラリンピックで来日した選手や報道関係者が、選手村やコンビニの食事を絶賛している、という記事がその最新版だ。果たして、このような話を真に受ける日本人がいるのか、私には大いに疑問だ。

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、潜水艦からのミサイル発射実験に成功=KCN

ワールド

バイデン氏と民主議員、週内に妥協も インフラ・歳出

ワールド

アフガン中銀準備金、タリバンにアクセス認めず=米財

ワールド

米政権、炭素税の可能性排除せず マンチン議員「検討

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 3

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 4

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    韓国世論も日韓関係の悪化しか生まない「徴用工裁判…

  • 7

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    このアイスが64円! 10期連続売上増シャトレーゼが「…

  • 10

    脱炭素シフトで世界の優等生ドイツが「国中大停電の危…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 3

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女性を狙う、猛スピードの男

  • 4

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里…

  • 5

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 6

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 7

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 10

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中