World Voice

powerd_by_nw

パリのカフェのテラスから〜 フランスって、ホントはこんなところです

RIKAママ|フランス

フランスでヘルスパスが浸透して変わったこと ワクチン接種が日常生活に反映されるシステム

レストラン入店時のヘルスパスチェックの様子  筆者撮影

日本はオリンピック・パラリンピックも終わり、ようやく、これでコロナウィルス対策に専念できるようになるかと思いきや、今度は、選挙の話題で賑わっていて、どうにも感染対策に集中できない感じもある中、さすがの日本、ワクチン接種開始が遅れていたにもかかわらず、始まれば驚異的にワクチン接種率が上がっていく様子に、海外から見ていても、やっぱり日本はやり出したら早いんだ・・と感心しています。しかし、それでも緊急事態宣言がズルズルと延長され、変わらず自粛ムードが続いていることには、フランスで、ほぼ日常生活を取り戻した生活をしている私にとっては、なんとももどかしい思いで、日本の様子を見ています。

しかし、そんな状況に疑問を持つのは、私だけではないようで、日本もフランスのヘルスパスのようなシステムの導入を手探りしている様子で、ここのところ、立て続けに、いくつかの日本のテレビの報道番組から取材やインタビューのご依頼を頂いたりして、フランスのヘルスパスの様子をお話させていただく機会がありました。

パリの街の様子を撮影したり、インタビューに答えたりしても、実際に放送に使われるのは、ほんの短い尺で、しかも、日本の報道番組は、既にシナリオが決まっている中に一部が埋め込まれる形で使われるので、どうにもフランスの本当の状況がこれでは伝わらないと思い、今回は、ブログで脚色なしにお伝えしたいと思い、フランスのヘルスパスについての記事を書くことにしました。

ヘルスパス発表から実際にヘルスパスが浸透していった経緯

フランスでヘルスパスの制度が導入されることが発表されたのは、7月12日というフランス人が本格的に夏のバカンスに出る直前のことでした。ヘルスパスがないと身動きが取れなくなるような内容は、かなり衝撃的で強行的な感じのものでしたが、これは、ちょうど、フランスでのワクチン接種の進行状況があまり伸びなくなっている時期で、また、何よりもバカンスのために生きているといっても過言ではないようなフランス人にとって、バカンス直前のこの発表は、ワクチン接種がバカンスを快適に過ごすための目の前にぶら下げられたニンジンのような役割を果たし、ワクチン接種率は、このマクロン大統領のヘルスパスの発表以来、急激に増加しました。(発表当時はワクチン接種率が50%を少し超えた程度のタイミングでした)

ヘルスパスは、多くの施設やイベントに参加するために、提示を求められるもので、単なるワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)ではなく、それに、72時間以内のPCR検査の陰性証明書や6ヶ月以内にコロナウィルスに感染した証明書など、ある程度の許容範囲を含めたものであり、2回のワクチン接種が済むまでは、どうにか検査を続けることで凌ぐことができるというものであったため、一定数の反発はあったものの、(今でも毎週、デモは続いています)多くのフランス国民に受け入れられていきました。

一番初めにこのヘルスパスが導入されたのは、ヘルスパス導入発表から10日後、文化・娯楽施設(美術館、映画館、コンサート会場や遊園地など)やスポーツ施設(プール、ジムなど)などで、これらの施設への入場時にヘルスパスの提示が求められるようになりました。一時はこれにより、映画館がガラガラになり、フランス映画連盟がフランス政府に対して、映画館のための大規模な緊急援助を求める声明が発表されたりもしました。映画館の危機的状況に直面し、その後に予定されていたレストラン・カフェなどの飲食店でのヘルスパス提示義務に客足が減少するのではないかとの懸念の声も上がりました。

いよいよ本格的にヘルスパスの提示が義務化されたのは、8月9日のことで、当初、一番、懸念されたのは、ヘルスパス提示義務による客足の減少や、そのチェック作業の煩雑さや、お客さんに対してヘルスパス提示が求められる場所で働く従業員のヘルスパス提示の問題でしたが、結果的に飲食店の客足は全く減少することはなく、携帯によるQRコードチェックのため(紙に印刷したものでも可)、チェックに時間がかかることもなく、従業員に関しては、ヘルスパス提示義務の期限が8月30日まで延期され、その間にかなりのワクチン接種が進み、それでも、あくまでもワクチン接種を受けたくない人と雇用側との摩擦が生まれるということもあったようですが、概ね順調に進んでいます。

罰則がないルールはルールではないようなところがあるようなフランスですが、このヘルスパス提示の義務化に関しては、顧客管理が不十分な場合、オーナー(管理者)は、行政当局から正式な通知を受け、最大7日間営業停止になる可能性があり、45日間で3回以上違反した場合、マネージャーは1年の懲役と9,000ユーロの罰金が課せられることになっているため、かなり徹底してヘルスパスのチェックは行われています。

Profile

著者プロフィール
RIKAママ

フランスって、どうしようもない・・と、日々感じながら、どこかに魅力も感じつつ生活している日本人女性。日本で約10年、フランスで17年勤務の後、現在フリー。フランス人とのハーフの娘(1人)を持つママ。東京都出身。

ブログ:「海外で暮らしてみれば・・」

Twitter:@OoieR



Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ