World Voice

powerd_by_nw

ミャンマーでエンタメとクリエイトする日々

新町智哉|ミャンマー

引き続きミャンマーに留まるにあたって

筆者インスタグラムより

皆さんこんにちは。
ミャンマーはヤンゴンから新町がお届けしております。
こちらでは本格的に雨季が始まりました。
毎日雨がよく降ります。

39日連続投稿してからは随分とペースが落ちてしまいました。
書く内容自体が無くなってしまったという事では決してありません。
恐らく半年くらい毎日書いても終わらないくらいのネタはあると思っています。

少し、体調を崩してしまっているのが一つの理由です。
もう一つ、こちらの方が多きな理由ですが、ワールドボイスを始めさせていただいてからとにかく自分が出来る形での発信というところでまずは突っ走ってきました。
日本ではニュースも一時期よりは減り、情報が少なくなっただけで決して事態が好転している訳ではない現状で、今一度自分が発信する意味や意義を考えているところです。

エンターテインメントに関わる者としての矜持は持ち続けたいと思っていますが、今このミャンマーの現状でそれを持ち続けるのも中々しんどいことなのだなと思い知らされているところです。
わかってはいたことではありますが、国としてあらゆる事が疲弊していく中。
衣食住足りてこそのエンタメ事業ははっきり言って2の次の事業と言わざるを得ません。
私なりにその中での方法を模索してはいますし、引き続き考え続けようとは思っていますが、そんな中、長年ミャンマーで暮らしていた人たちが様々な理由で帰国していく様を見送ると何とも寂しさだけが心の中に広がります。

そして多くの人が口々に私に言います。
「早く娘さんに会ってあげてね」と。
先日娘が1歳の誕生日を迎えました。
ミャンマーがコロナで最初にロックダウンになった正にそのギリギリのタイミングで妻は日本へ行き当初は私も立ち合いを予定していたのですが、その後のコロナの状況でそれも叶わず、ようやくコロナも落ち着き何とか日本へというのも見えてきたところでこのクーデターで未だに娘には会えていません。

毎日、写真だったり動画だったりを送ってもらったり時間があればテレビ電話をかけてきてくれるのを心の支えにしている日々ですが、その事が会えない辛さをより感じさせる部分でもあります。
会社勤めをしている訳ではなく自分の責任で会社を経営している立場の私にとって今一時的にでも日本へ戻る事は様々な理由で難しいところです。
スタッフ達の生活にも関わる事です。
決して恨み言を言いたい訳ではなく、自分で選択して残っている事ですので、踏ん張ってやり続けていくしかないとは思っているので強引にでも前向きにいきたいと思っています。

悲観的な事ばかり伝わってしまったかもしれませんが、娘を取り巻く環境は非常に良いものです。
親族の方々に感謝だ常々感じています。
私一人ではどうしようもなかったことを沢山の人に支えてもらって娘はスクスクと育っています。
平均内ではあるようですが、かなりスクスク育っています。
なんならもう走り回る勢いなので驚きです。
子供って凄いですね、命の凄さを改めて感じさせてくれる存在です。
そんな子供たちが私の今住んでいる近所にも沢山います。

引っ越してきたばかりのころは何となく物珍しそうに外人を観ているという感じですが、最近は気さくに声をかけてきてくれる子供が沢山います。
この間は「ギネス認定世界一飛ぶ紙飛行機」を作って近所の子たちにプレゼントしました。
こんな時ですが、子供たちには楽しく遊んでスクスク育ってもらいたいなと思います。

さて、最後にいくつかお知らせをさせてください。
来月行われるミャンマー関係のイベントについてです。
まずは中野で行われる小さな写真展ですが、私もこちらでお世話になった事がある方が行われます。
その写真展に以前当ブログでお伝えしたMyMyanmarプロジェクトも参加させていただける事になりました。
My Myanmar Projectを立ち上げました

急遽決まった事で今まさに詳細を話し合っているところですが、お時間がある方は立ち寄ってみてください。
イベント詳細はこちらから
https://www.facebook.com/events/223376386100607/

更に来月にオンラインでの講演?に2つ程出演することになりました。
こちらはもう少し後に詳細を出します。
現地からの情報などをリアルタイムでお届けできればと思っています。
詳細をお待ちください。
それではまた次回。

 

Profile

著者プロフィール
新町智哉

映像プロデューサー。2014年からミャンマー最大都市ヤンゴンに在住。MAKE SENSE ENTERTAINMENT Co.,Ltd. GM。日緬製作スタッフによる短編コメディ「一杯のモヒンガー」でミャンマーワッタン映画祭のノミネートを皮切りに世界各国の映画祭で受賞。起業家、歌手、俳優としてもミャンマーで活動する。

Twitter:@tomoyangon
Instagram:tomoyangon
note:https://note.com/tomoyaan

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ