World Voice

powerd_by_nw

オーストラリアの診察室から

高尾康端|オーストラリア

迷走するオーストラリアの新型コロナワクチンプログラム

画像:Yakobchuk-ISTOCKS

オーストラリアの新型コロナワクチンプログラムは今までに約700万本のワクチン接種を終えました。現在設定されている目標の約半分ほどです。新型コロナワクチンを一回接種した人の数はオーストラリアの人口の約20%で、2回接種した人は人口の約4%にすぎません。

オーストラリアの新型コロナワクチンプログラムは様々な理由で遅れています。オーストラリアはアメリカやイギリスなどに比べると新型コロナウイルスの市中感染がとても少ないため、急いでワクチンの接種を行う必要がない雰囲気がありました。

また、オーストラリア政府のワクチン接種の方針がよく変わるのも、遅れている理由の一つかもしれません。オーストラリア政府は当初アストラゼネカ製のワクチンを主に使用する計画でした。しかし数か月前からいろいろな国で、アストラゼネカ製のワクチンの非常にまれな副作用の一つとして、血栓の報告がありました。オーストラリアでもこの問題が起き、アストラゼネカ製のワクチンに関連した血栓による死者もでました。アストラゼネカ製のワクチンに関連して血栓ができる人の数が増えたことにより、イギリスやカナダなどが、アストラゼネカ製ワクチンの年齢制限を設けはじめました。オーストラリアも国内で死者がでたことを受け、アストラゼネカ製のワクチンは50歳以上にのみ勧めるとしました。オーストラリア政府は今年の後半にはファイザー製のワクチンをもっと入荷する予定ではありますが、まだ不確定なので50歳以上の人はアストラゼネカ製のワクチンを受けるように勧めました。オーストラリア政府の説明としては、50歳以上の人が新型コロナウイルスの感染によって死亡する可能性や後遺症が残る可能性のほうが、血栓ができる可能性よりはるかに高いため、ワクチン接種のメリットの方が高いということでした。

iStock-1219398943-kovop58.jpg
画像:kovop58-ISTOCKS

アストラゼネカ製のワクチン接種の年齢制限の変更により、ワクチン接種プログラムは遅れ始めました。しかしオーストラリアでは市中感染がほとんどなかったので、ファイザー製のワクチンを待つのはそれほど問題ではないという人も多くいました。そんな中、オーストラリアでアストラゼネカ製のワクチン関連の血栓による二人目の死者が6月にでました。オーストラリア政府は二人目の死者がでた数週間後に、また方針を変え、アストラゼネカ製のワクチン接種は60歳以上のみに勧めると変更を発表しました。 また、数日後にオーストラリア政府は10月以降はアストラゼネカ製のワクチンは基本的には使用しないとも発表しました。

iStock-1195791938-Yulia Sutyagina.jpg
画像:Yulia Sutyagina-ISTOCKS

ところがここ数週間で、オーストラリアでも新型コロナウイルスのデルタ株の市中感染が発生しはじめました。それにより現在オーストラリアのほとんどの州がロックダウンに入りました。この事態を受け、オーストラリア政府は医師とアストラゼネカ製のワクチンのリスクとメリットを話し合い、インフォームドコンセントをした人は、18歳以上であれば誰でもアストラゼネカ製のワクチンを受けられると発表しました。また政府は初めてアストラゼネカ製のワクチンに対する薬害被害の補償を提供すると発表しました。しかし、詳細はまだ発表されていません。いくつかの州政府の医療関係者は、オーストラリアのワクチン専門グループのアドバイスは変わっておらず、60歳以下の人は引き続きファイザー製のワクチンを使うべきであると発表しています。オーストラリア政府、州政府などで意見が一致していなく、方針が頻繁に変わるため、実際にワクチンの接種を行っている医療関係者や接種をうける人はどのアドバイスに従うべきか困惑しています。オーストラリアのワクチン接種問題はしばらく続きそうです。







参考
https://www.health.gov.au/initiatives-and-programs/covid-19-vaccines/getting-vaccinated-for-covid-19#australias-vaccine-rollout
https://www.theguardian.com/australia-news/ng-interactive/2021/jun/24/covid-19-vaccine-rollout-australia-coronavirus-vaccination-progress-updates-tracker-victoria-nsw-queensland-qld-daily-live-data-stats-updates-total-numbers-distribution-schedule-tracking-new-cases-today
https://www.theaustralian.com.au/commentary/coronavirus-australia-is-the-vaccine-rollout-designed-to-be-slow-and-ineffective/news-story/ed6bfef5685dad7c760010dafd3f581d
https://www.abc.net.au/news/2021-06-10/woman-dies-rare-blood-clots-astrazeneca-covid-vaccine/100205652
https://www.abc.net.au/news/2021-06-29/coronavirus-vaccine-under-40s-can-request-astrazeneca/100251000

 

Profile

著者プロフィール
高尾康端

日本、スイス、シンガポール、アメリカで育ち、2004年からオーストラリアに移住。シドニー大学医学部を卒業。現在は東ブリスベンエリアHawthorne Clinicにて家庭医 (GP)として勤務。家庭医の観点からみる病気についての情報、また母国である日本と移住地オーストラリアの医療システムの違いや、オーストラリアで病気になった時に役立つ情報を発信している。

Twitter:@dryasutakao
Facebook:Dr Yasu Takao
ブログ:https://www.dryasutakao.com.au/blog

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ