コラム

ゴーン解任劇に潜む日仏文化摩擦の種

2018年11月28日(水)17時30分

ゴーン解任は、日本とフランスの関係にまで、影響を及ぼしそうな気配  Regis Duvignau-REUTERS

<今回のゴーン解任劇に対し、フランス人が驚き、疑念を抱いている点が3つある>

今年、2018年は、江戸時代末期の日本とフランスが日仏修好通商条約を締結して160周年にあたる。それを祝って、両国で華やかな文化行事が行われ、ハイレベルの要人往来も行われた。そして、日産とルノーのアライアンスは、永年の日仏交流のなかで最大級の成果として、日仏双方から称えられてきた。

そうしたお祝いムードに、今回の突然のゴーン解任劇は、冷水を浴びせた。しかも、日産とルノーの関係だけでなく、日本とフランスの関係にまで、影響を及ぼしそうな気配なのだ。

その原因となっているのは、今回の解任劇をめぐる日本とフランスの間の認識のギャップである。

もとより、フランスの認識といっても、すべてのフランス人が一枚岩というわけではない。フランスのメディアが、ブルータスや明智光秀まで例に挙げてスキャンダラスに伝える陰謀論やクーデター説に、フランス政府は少なくとも公式には与していないし、フランス経済界の大半も表面的には慎重な見方を崩していない。

フランス経済界では、ゴーン氏は成功者として讃えられてはいたが、模範とされる存在ではなく、むしろ異端視されてきた。「フランス的景色の中ではUFO」と評する経済人もいる(フィガロ紙)。また、ゴーン氏のルノー社での高額報酬は、フランス国内でもたびたび批判されてきた。ルノー内部でもゴーン氏が同様の手口をしていないか調査が行われており、フランス大統領府も日産・ルノーの企業ガバナンスにおいて「ゴーン問題」という要素が潜んでいなかったかに関心を持っていると伝えられている。

それにも拘わらず、今回のゴーン解任劇に対し、フランス人が驚き、疑念を抱いているのは、次の3点である。

犯罪者か、犠牲者か

第一に、ゴーン氏は本当に犯罪者なのか、むしろ犠牲者なのではないかという点である。ゴーン氏の逮捕と解任につき、十分な理由と証拠が開示されない限り、推定無罪とすべきではないかと考える一方、もし仮に、伝えられるゴーン氏の罪状(有価証券報告書虚偽記載、海外での不動産購入など)が事実だとしても、それがどうしてゴーン氏個人の犯罪として裁かれなければならないのか、という疑問である。

ゴーン氏による権限の濫用があったとして、どうしてそれが企業ガバナンスの問題として、企業内部で処理・修正されなかったのかということだ。日産ほどのグローバル企業が、それほど一個人に牛耳られていたというのは、にわかには信じがたい。それほど経営のチェック機能が働いていなかったのか、体制がなっていなかったのか。

西川社長は「長年ゴーン氏が権力者として君臨していた弊害」を挙げたが、それを許し、しかも支えてきたのは誰だったのか。少なくとも日本人役員を含む経営全体の責任ではないのか。こうした見方に立てば、ゴーン氏だけが犯罪者扱いされるのはおかしいということになる。

プロフィール

山田文比古

名古屋外国語大学教授。専門は、フランス政治外交論、現代外交論。30年近くに及ぶ外務省勤務を経て、2008年より東京外国語大学教授、2019年より現職。外務省では長くフランスとヨーロッパを担当(欧州局西欧第一課長、在フランス大使館公使など)。主著に、『フランスの外交力』(集英社新書、2005年)、『外交とは何か』(法律文化社、2015年)など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ドイツ銀行、第3四半期は7%増益 予想上回る

ビジネス

日経平均は小幅反落、前日の大幅高の反動で 好決算銘

ビジネス

ファナックが通期予想を下方修正、需要堅調も部品不足

ワールド

国連がG20に協力呼び掛け、金融機関の気候変動目標

MAGAZINE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

人気ランキング

  • 1

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 2

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけられた「デブ穀物」その実態とは

  • 3

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 4

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 5

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 6

    移動を邪魔して怒りを買った男性が、野生ゾウに踏ま…

  • 7

    中国の不動産危機、見えてきた2つのシナリオ

  • 8

    トヨタが半導体不足で減産する一方、テスラが生産台…

  • 9

    「クアッド」とは何か:安倍前首相が提唱し、豪州が…

  • 10

    マイケル・ジャクソンのボディーガードだった私が見…

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 3

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 6

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 7

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 8

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 9

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけら…

  • 10

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中